FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

田舎暮らしを始めて、早6年。豊かな自然の中で起きる日々の出来事や、様々な趣味をアップして見ました。どうぞご覧ください。

晩柑の王様・サワーポメロの収穫 

2月も後2日やっと春を感じるようになりました。
25日(土)は暖かい日差しだったので今年もサワーポメロの
収穫をしました、たった1本の木からたくさん収穫できました。

太陽を浴びながら一本の枝に大きな実が鈴なり
よくもこの重さに耐えられるのが不思議
s_DSC_0822.jpg

昨年より少し少ないですがこの運搬車で3台ありました。
早速ご近所で分け合いました。
s_DSC_0825.jpg


サワーポメロの呼び名は本来ブンタンらしいようですが
なぜか所変わればで鹿児島ではサワーポメロと呼ばれています。
レシピも色々、中身はパールのようなキラキラ果肉とさっぱりした味が
人気のようです、我が家でも東京の孫たちが喜んで食べてくれます。
s_DSC_0829.jpg



category: 日々

cm 0   tb --   page top

恒例の子供と昔遊び 

今日は今年3回目の雪が降っていますが積もることはなそうです
自分は本来ならばチャリテイーゴルフの予定でしたがあいにくの雪で中止
となりました久しぶりに記事をアップします。
今年もあっと言う間に2月になりました、3月で閉校になる校区の小学校で
1,2年生を対象に恒例の昔遊びがありました。学校ボランティアの自由人も
一緒に参加してきました。たった22二人の生徒ですが皆元気な子供達です。
当日は1年生2名、2年生4人計6人後は平均年齢75才以上の老人15名

進行係り1年生の挨拶から始まりました。
とても楽しみにしていたので宜しくお願いしますと元気な挨拶が出来ました。
s_DSC_0775.jpg

毎年同じですがオリジナル竹笛を10個準備しました
音はそれぞれ違った音が出ます。
s_DSC_0762.jpg

折り紙飛行機昨年のカレンダーの用紙をA4サイズにカット
自衛隊のカレンダーなので飛行機の写真入り、尾翼部分に可愛い自衛隊の
イラストあったのでそれを切り取って貼り付けて見ました。
室内が狭いので後で体育館かグランドで飛ばすようにしました。
s_DSC_0767.jpg

竹のぽっくり、竹に乗り紐をもって歩くと土の上だと
ぽこぽこと音がするのですが室内は敷物の上なので音の効果なし
s_DSC_0769.jpg

メンコ遊び、昔我々時代の男子には欠かせない遊びでしたが
今の子供たちは見ても何もわからず、同じ絵柄を合わせて遊ぶものと勘違い。
s_DSC_0779.jpg

昔の乗り物遊びボデーは木の枝、車輪は直径15cmほどの
丸太の輪切り、自分達の小さい頃はこれに乗り坂道を下るそんな時代
今はまず出来る場所がない。尚子供達が外での遊び知らない事です。
s_DSC_0780.jpg

オリジナル輪ゴム銃単発式これは喜んで遊んでくれます。
昨年の連発式は故障につき今回はこれのみ、昔は木の枝のY字形のものに
ゴム紐をつけて遊んだものです。
s_DSC_0781.jpg

田舎暮しを始めて13年目になりますが我が集落でも
来た時から子供がいませんでした、そんな折学校ボランティアを受け活動
して来ましたが少しでも役に立ったのかなと、一人で納得しています。
最初に出会った子供たちも今はすでに成人して立派な社会人になっています。
後1ヶ月少々寂しくなりますが朝の交通安全見守り等最後まで頑張って行き
たいと思ってます。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

薩摩犬のテレビ撮影 

1月も3分の2を過ぎました、又関東では大雪、火山の爆発ニュース
の中我が家では、福岡放送のテレビ番組で最後の薩摩犬になるかも
しれない我が家のペット、ななの撮影がありました。
初めて出合ったスタッフさんたちにもすぐに馴れてしばらく遊んでから
西郷どんに扮したスタッタフさんと記念の撮影に成功しました。

庭の芝生で西郷どんとカメラに 映りまりました
s_DSC_0727.jpg

向かいの山をバックに西郷どんの足元で伏せでのポーズ
s_DSC_0728.jpg

カメラさんに向かってちゃんと前を見てポーズが出来ました
思ったよりおとなしくしてくれたので、飼い主としては良かったなと一息

s_DSC_0731.jpg
2005年12月28日生まれの12才雌出生地は薩摩川内市東郷
兄弟は5匹でしたが、ほとんどいなくなった見たいです、後何年元気でいてくれるか
大事にしてやりたいと思っています。

category: ペット

cm 0   tb --   page top

初雪2日目 

1月も3分の1を過ぎました、今日も昨日に続き朝から雪です。
昨日より少し多く積もっていました。
寒いけど周りを歩いてみました、集落の棚田の眺めや山の
姿を見る為に、最初は吹雪いて暗かったのですが途中
少し日が差し始めたりして景色もよくなったのでカメラに収めて見ました。

我が家の向かいに見える諸正岳瞬間いきなり太陽が
でて青空になりました。
s_DSC_0706.jpg

我が家から300m程下ったところから今度は矢筈岳標高302mを
見に行きましたここからだと電線がほとんど邪魔にならない場所なので
少し明るくなるのを待つて映してみました。
s_DSC_0710.jpg

 集落にある茶店(野の花)さんも矢筈岳をバックに雪をかぶっています。
このお店は出来てまだ2年ほどです、中のインテリア
家具などもハンドメイドのテーブル、イスでとても落ち着いた雰囲気のお店で
コーヒーと手作りケーキのお店です。
この場所から棚田を眺めるのもいいですよ、5月6月は棚田のアジサイ畑が。
s_DSC_0712_1.jpg

集落の棚田NO1この棚田は本当は17段あります。
我が家の3段を除いてすべてが休耕田で下から10段がアジサイ畑、
今は何も咲かないので眺めても茶色になった杉山くらい。
s_DSC_0694_1.jpg

この棚田を150m程上の方から見るとこんな感じになります。
s_DSC_0703.jpg

集落の棚田NO2集落で一番広い棚田です石崖の高さは低いですが
1段1段が良く手入れされているので、マニアの方達よく写真を撮りに見えてます。
s_DSC_0692.jpg

普段は静かな集落ですが、昨年末から砂取り山の下に今年
鉄工所できるので今準備の工事で、工場が出来てからの騒音よりも
現在の工事機械の騒音の方が賑やかです、雪でも今朝も早くから賑やかな
機械の音を立てながら工事は進んでいるようです。我が家の庭から

s_DSC_0716.jpg

我が家の屋根にも雪が積もってます、家の
周りの木の枝が茂っていたので整理したら良く見えるようになりました。
唯、台風の時の風あたりが心配です。
s_DSC_0702.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

初雪 

今朝日置の田舎に初雪が降りました。
昨年は1月24日で6年ぶりの大雪でしたが、今回は積雪も
1、2cmで何事もありませんでした、北部では交通機関などにも
一部影響があったみたいです。
暮れから比較的暖かい天気が続いていたので今日は少し
寒く感じました。夕方6時頃は外気温0度、
これから明日朝にかけて山間部では15cmから20cm平野部で
5cmくらいと言う予想です。

朝起きた時7時頃まだ少し芝生が白く見えたくらいでしたが
9時過ぎると向かいに見える諸正岳標高301mが少し白くなっていました。
s_DSC_0685.jpg

芝生の上にあるツグミのエサ場も白くなっています
今朝は合図の音で呼んだのですがすぐには出てきません。
s_DSC_0684.jpg

建物の裏に止めてある愛車の上も少しだけ積もっていました。
s_DSC_0687.jpg
今夜これ以上積もると我が家からは途中の坂がタイやチエンをつけても
簡単には通れないので雪かきが大変かも?

category: 日々

cm 0   tb --   page top

我が家からの初日と鬼火焚き 

新年の初日が我が家の庭から、初日と言っても3日です。
元日は山登りで庭からは見れませんでしたが、この朝は
桜島こそ見えませんが向かいの山に姿を見せてくれました。

朝寝坊の私ですが7時に起きて朝の一服していると
向かいの山が赤くなってきましたのでよく見るとちょうど
太陽が顔を出すところでした7:42分
s_DSC_0580.jpg

数分後には山からきれいな丸い顔が見えますその後
初日と同じくあっと言う間に黒い雲の中に隠れました。7:50分
s_DSC_0653.jpg

恒例の鬼火焚き、何時もと同じとなりの集落で開催されました。
12月30日に飾りが完成高さは10数メートルの孟宗竹を中心に周りには
火種ように燃えやすい竹で形が作られています。
飾りのバックには初日登山した矢筈岳がきれいに見えています。
s_DSC_0587.jpg

1月6日が鬼火焚き、夜の着火に向けて各人宅で飾った
門松やしめ飾りなどが集まってます。自分も門松を崩してここに入れました。
s_DSC_0662.jpg

開始前集落のご婦人が接待の準備中何時もここで
焼酎がふるまわれます。
s_DSC_0665.jpg
いよいよ点火年男校区の小学校校長3月で閉校なので最後の記念
PM6:00n根元の火種に点火が始まりました。
s_DSC_0666_1.jpg

点火から約10分思ったより早く飾りの先端まで燃え上がり
歓声が、前日少し雨が降ったのですが暮れから良く乾いていたせいでしょうね。
PM6:10分でした。
s_DSC_0669_2.jpg
あっと言う間にあの火がここまでになりそろそろここに
持ち寄ったお餅を焼く火種になりました。
s_DSC_0678.jpg

ついに竹の先端にお餅を挟んで火の中へ焦げないように裏返し
を繰り返し頃合いを見て、竹から外し食べます。
s_DSC_0679.jpg

こうして皆さんが集まってお餅を食べながら、又片手には焼酎を持ち
楽しい時間が過ぎました。
s_DSC_0680.jpg

自分も厄払いと今年一年の安全を願いました。お餅は
初めて自分達が臼と杵で着いたものを持参美味しかったです。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

恒例の新春登山 

明けましておめでとうございます。
2018年今年も頑張って初日を見る為新春登山で矢筈岳に登ってきました。
心配したお天気もこの時間だけは朝日が見れました。
朝5時起きして軽い朝食を済ませ登山口まで車で約6分6時15分登山開始
6時40分頂上(標高302メートル)に到着、3番目くらいの到着でした。
今年は比較的若い家族ずれが沢山でした。
自治会の方からの挨拶後初日に向かい一例、君が代をみんなで歌い
万歳三唱、又来年もと声を掛け合い無事恒例行事の最初が終わりました。

頂上に着いたときはまだうす暗かったですが桜島が
かすんで見えていました。
s_DSC_0608.jpg

山の頂上は寒いので準備された小枝を燃して日の出まで
皆さん暖を取りました。風もなく安全な確保しながらです。
s_DSC_0611.jpg

楽しみの朝日が顔を出しました、7時40分歓声と拍手、
一斉にスマホやカメラでの撮影が始まり、初めての人たちも感激されていました。
s_DSC_0631.jpg

眺めて楽しんでいると、上には黒い雲があっと言う馬に太陽が
雲に隠れそう、でも何時もどうり見れたので上った甲斐がありました。
喜寿迎えた当人来年も体調が許せば又挑戦します。
s_DSC_0633_1.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

餅つき挑戦 

今年も後4日、待望の餅つきに挑戦しました。
幸いお天気に恵まれ比較的暖かい一日でした。
餅米は昨夜から洗って水に漬けて準備完了。
昨年は失敗したので、今年は何とか成功して
孫たちに送る予定です。

準備:1まず釜土に窯を乗せ水を張り
窯の上に丸い藁で出来たものを於きました
昨年は知らないのでこの部分がなくて失敗しました。
s_DSC_0546.jpg

準備:2せいろうの一番下に丸い穴が開いた台を乗せる、
昨年はこれもなくて失敗したので、先日端材で急遽造りました。
s_DSC_0547.jpg

準備:3窯に水を入れてお湯沸かしの準備です
お湯が沸騰するのをまちます。
s_DSC_0550.jpg

準備:4お湯が沸騰したらせいろうを乗せ底に布を敷き
餅米を入れて均一にします。
s_DSC_0551.jpg

準備:5餅米を入れ終わったら敷いた布の四方の
残った部分の布を上にかぶせる。
s_DSC_552.jpg

準備:6餅米を入れ終わったらせいろに蓋をして
米蒸開始。
s_DSC_0553.jpg

米蒸が始まり途中蒸れ具合を見てかき混ぜると
早く均一に蒸し揚る、蒸し初めて30分くらいで確認する。
s_DSC_0554.jpg

蒸し初めて約1時間やっと下段のせいろ分が蒸し揚り木臼中に
これを杵押しつぶします、素早くしないと餅米が冷めてとびちるのです。
これも結構腰が着かれる作業でした。
s_DSC_0555.jpg

いよいよ餅つき開始、最初は勢いよく杵が上に上がりますが
途中には一息、腰をかばいながらです。
s_DSC_0559.jpg

餅つきでは大事な返しですこれは奥さんの作業です。
丸めては返してつけてない部分を上に繰り返して出来上がり。
s_DSC_0563.jpg

やっと出来上がりました、最初の分では少しだけ丸餅のあんこ入りを
作りました。これが出来たところでちょうどお昼になったので。
釜土の火を利用して焼きもちにしていただきました。
後は切り餅用と飾り用をついて無事終了しました。
準備した餅米は五升でした。
s_DSC_0579_1.jpg
初めて最初から最後まで自分たちでの餅つきも大変でしたが、
友人がたまたま訪ねてきたので手伝ってくれて助かりました。
田舎でも祭りや何かの行事では餅つき体験などがありますが
最近は機械でつくので自分はせっかく道具があるので挑戦しました。
又次も体が許せばやりたいと思ってます。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

頑張りました:門松完成 

今年も後6日何かと忙しい日々ですが何とか門松が出来上がりました。
竹の切り出しに半日、裁断、基礎の準備等含めて2日半思ったより
時間がかかりました、竹の汚れを綺麗に洗いながらの作業でしたので
大変でしたができれば疲れもどこかへ

竹の切り出しに半日、裁断、土台の組み立てなどで
2日間かけてやっと完成しました。出来てみれば昨年と変わりが
ないようですが、違いはメインの斜めカットが今年は綺麗にカット
出来ていました。

s_DSC_0535_1.jpg

全面は松、千両、梅は木瓜で周りは色々な花で
後ろ面も飾って見ました、
s_DSC_0541.jpg

我が家の愛犬(薩摩犬)12月28日で慢12才になります
まだ元気です。後何年こうして一緒に撮れるかな??
s_DSC_0539.jpg
毎年これに飾る花代が大変ですが又来年も頑張ります。
明日は昨年失敗した餅つきに挑戦予定うまくできるか?

category: 日々

cm 0   tb --   page top

今年もアオシ柿を作りました 

11月も3分の2が過ぎました。今週に入り寒さが厳しくなりました。
昨日は初霜がおりました、我が家の庭でも4℃を観測、
今は稲の収穫も終わり少し落ち着いたので、昨年に続きアオシ柿
造りに挑戦してみました。
山の裾には鈴成りの柿の木があちらにも、こちらにもとても食べきれる
量ではありません、知人たちが採取していったのですが届くところだけを
持ち帰り自分は別な木から数回に分けて採取、渋抜きでアオシ柿を
作ってみました。

急な山の斜面に渋柿が鈴成り、カラスやヒヨドリが熟したのを
とりあっています。
s_DSC_0295.jpg

採取した渋柿一回に約80個から100個くらいを作ります。
s_DSC_0222.jpg

柿の渋抜きに欠かせない基本作業、枝先を道具を使い綺麗に取り除く作業。
s_DSC_0227.jpg

枝を取ると小さな穴が開きますこれが渋抜きに大事な作業。
今年はすべて綺麗に穴が開きました。
s_DSC_0237.jpg

穴の開いた渋柿を蔕の部分を下にして焼酎にチャプチャクとしたして準備は完了。
s_DSC_0240.jpg

焼酎をつけ終わったものを厚手のビニール袋に入れて密封して一昼夜
お風呂の温度を38℃に保ち漬けて後は渋が抜けるのを待つだけ。
s_DSC_0241.jpg

作業初めて5日目やっと渋抜きが完成食べれるようになりました。
袋のまま一日経って天日に二日、袋から出して一日又天日に当てました。
甘くて美味しいアオシ柿が出来ました。
s_DSC_0264.jpg
何故わずかなアルコールをつけただけで渋が抜けるのでしょうね。
昨年は今時期があたたくて失敗した、吊るし柿にこれから挑戦します。
このアオシ柿を作る時にその中の一部を吊るし柿にしてみたら美味しい吊るし柿が出来ました。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

最後の稲刈り 

閉校まじかの小学校でこれが最後となる稲刈りがありました。
10月14日土曜授業を利用しての作業でした。
あいにく小雨が降っていたのですが、すぐのに雨もやんだので
楽しく開始されました。

学校ボランテイアの山口さんの挨拶から注意事項を聴く生徒達。
s_DSC_0183.jpg

作業開始最初は6年生が1年生を指導しながらの始まり。
s_DSC_0185.jpg

なれない手つきですが1蕪ずつ丁寧に刈っています。
s_DSC_0190.jpg

とても楽しそうな笑顔がありました。
s_DSC_0186.jpg

刈り取り作業も終わり今度は用意した櫨に掛け始めました。
s_DSC_0193.jpg

1年生は最初で最後の体験6年生はこれが最後で少し寂しそうでしたが
笑顔で6人記念の!!
s_DSC_0202.jpg

最後に生徒全員で苗作りから田植えすべての指導して下さった方に御礼と
感謝の挨拶。
s_DSC_0212.jpg

何事もなく無事終了後学校をバックに全員で記念の写真。
s_DSC_0210_1.jpg
ボランティアの自遊人も少しずつ参加する行事も少なくなってくるので
少し寂しい感じですが出来るだけ参加します。

category: 地域のイベント

cm 0   tb --   page top

オオスズメバチ 

先日スズメバチの記事をアップしましたがその追記
仕掛けたペットボトルの罠には毎日沢山のスズメバチがかかっています
最初はキイロスズメバチばかりでしたが、ここ2、3日はオオスズメバチが
掛かるようになりました。

今日もスズメバチに襲われ亡くなられたニュースが
ありましたが、恐ろしいですね、左がキイロスズメバチ
右がオオスズメバチ大きさも倍の大きさでお尻の針を
触ってみましたがとてもかたいです。まだ巣がどこか確認
出来ないので繁みの多いところなので心配です。
s_DSC_0109.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

10月の満月 

10月も4分の1が過ぎます、又今日は30℃以上の暑い一日でした。
集落の田んぼでも稲刈りが始まりました。
我が家も一部イノシシの被害もありますが今日はその準備で
機械が回転できるように手で一部刈り取り作業を済ませ、夕食後
庭に出て満月が出てくるのを待ちました。

10月4日中秋の名月の夜庭の上の暗闇にきれいな姿を
見せてくれました、この夜は雲がないので、あまり変化なし。
s_DSC_0128.jpg

月の出時簡に合わせ庭に出てみると向かいの山の上に
月の光で横に流れる細い雲があるのでこの上にお月さんが出るのを
しばらく待ちました、19時25分お月さんが顔を出しました。
こんな様子を見ると一日の疲れもどかへ。
s_DSC_0146.jpg

それからしばらくするとどこからか雲がお月さんの周りに
雲の形は都度変わるので楽しいです。19時43分
s_DSC_0130.jpg

雲の中の月NO2わずか2分後の様子です、昨夜は雲の流れが早くて
シャッターが切れるまでに雲で隠れて撮れませんでしたが
今夜は風もなく今時の間も色々形の雲の中のお月さんが見えています。
s_DSC_0135.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

キイロスズメバチの捕獲 

もう10月今日は午前中昨日刈払った草を焼却処分して
終わったらお昼から雨になったので、先日捕獲した
スズメバチの記事をアップしてみます。
今年夏場は近くであまり見かけなったので少ないかと
思っていたら以外にたくさんのスズメバチが柿木の実が
虫の被害で落果したのを食べにたくさん集まるので
びっくり、テレビなどで今年は多いと聞いたのですが
やはり鹿児島でも、今年は昨年と違い
雨が少なかったのが蜂の繁殖につながったのでしょうね。
自分も4年ほど前に刺されているので要注意です。

今来ているところは巣ではなく単なるエサ場ですが
何時も近くで作業などするのでやっぱり気になるので
どれくらい捕獲できるか試しに仕掛けを取り付けました。
s_DSC_0104.jpg
ペットボトル中身はオレンジジュースと古いリキュール(蜂蜜の代わり)にいれてみました。

捕獲用罠を仕掛けて2日間では3匹4日目朝見たときはそのままでしたが
夕方見るとすごい数が入っていました。
s_DSC_0099.jpg
この中ではまだ逃げ出したくて動き回っていました。

翌日中のジュースを取り換える為容器から取り出し数を数えて
見ました、なんと43匹これくらいでは1個の巣のほんの一部に過ぎません、
又新しく仕掛けをつるしました。今でも前刺された時の痛さは忘れられません。
s_DSC_0107_1.jpg
これからの時期が一番怖い季節です木の繁みなどが多いところは要注意”

category: 日々

cm 0   tb --   page top

この花なんの花 

住まいの裏の竹藪に最近気になる黄色の花が葉っぱ、花の形色
かぼちゃにそっくり、少し様子見していると、細長い実があるのが
見えました、どうもヘチマのようです。
我が家も、ご近所さんも植えてないのにどこから種が?
きっと小鳥がどこかの畑で食べてその糞から出たのでしょうね。
どこまで育つか、見守ります。

かぼちゃとそっくりの葉っぱ。
s_DSC_1042.jpg


まだはっきりしませんが細長い実が見えます、かぼちゃなら
丸いですから、ヘチマと判断しました。種はたぶんヒヨドリかカラスが
運んできたんでしょう。
s_DSC_1044.jpg

秋はキノコのシーズンですが今畑の片隅に一本の変わったのが
名前はわかりません直径は15cmくらい周りはヒマワリのような形に
なっています、たぶん毒キノコでしょうね?
s_DSC_1054.jpg

category: 自然

cm 0   tb --   page top

ついにやられました:収穫前の稲 

夜は19℃昼間は29℃さすが昼間の作業は結構きついですね、
日陰は寒く感じる毎日です。
先日稲刈り準備で朝水抜きをして夕方確認するとうまく排水も
出来ていたので一安心、翌日の朝様子見に行くと、
入り口付近が前日と様子がおかしいので見ると周りの稲が倒れ
しかも何かの足跡が、もしやでよく見ると、イノシシの足跡でした。
今時期は体についた虱やダニを落とすために水の中で体をこすりつけ
て泥浴びで被害を受けるのです。後数日なのに残念です。

イノシシが入った周りのお米は匂いが着いて
食べられないとのことで、今年は収穫が少し少なくなるでしょうね。
その後もう一枚の田んぼも心配で周りの草を払い、
夜は投光機で照らしたり何とかこれ以上の被害がないことをいのってます。
s_DSC_0101.jpg

category: 棚田

cm 0   tb --   page top

孫達との夏休みの記録 

暑さ、寒さも彼岸まで、ことわざどうり今日は朝からの雨で、現在室内は22℃湿度65%
少し肌寒く感じます。
本来ならば今日は来春閉校予定の小学校の運動会の予行練習の記録写真係りで
準備していたのですが、学校からの連絡で中止になったので、時間が出来たので
そのままになっていた夏休みの記録を少しアップします。

今年は日置の田舎でゆっくりしたいとのことだったので、近くの海に行きました。
場所は南さつま市坊津あじろ浜海水浴場に6人で10年ぶりにいきました。
その時の孫娘も高校1年生、下の孫6年生、あっと言う間でした。

日置から約1時間くらいの坊津にある網代はま
陸続きなのになぜか、船着き場から小舟で5分くらいのところにある
小さな海水欲場、水はきれいでシュノーケリングで熱帯魚などを
見て楽しめる場所。
s_DSC_0904.jpg

我が家の休憩場所の隣のご家族が可愛いワンちゃんを連れて
初めての泳ぎの練習を始める所でした。
初めてで最初は入れないので、犬用のライフジャケット、リードで短い距離から
引いてあげたりして水になれさせていました。
s_DSC_0870.jpg="
今度は少しリードの長さを伸ばした訓練これを数回してます。
s_DSC_0869.jpg

やっと慣れてきて今度は自分の方から名前を呼ばれると
水に入り待っているご主人さまに向かっていました。可愛いですね
s_DSC_0871.jpg

孫達家族の海での写真は今回が初めてかな、それ以外ではデズニーランド
大阪ユニバーサルスタジオはじめ色々ありますが、我が娘夫婦の希望でした。
いつまで子供たちとこんな風景が見れるかな。
s_DSC_0875.jpg

東京にいるとなかなか近くにはこんなきれいな海は
ないので子供たちもお気に入り、ボール遊びでご機嫌な孫6年生。
s_DSC_0879.jpg

残念ながら、この場所にはトイレがありませんので都度携帯で連絡をして
船で迎えに来てもらいます、小生も迎えに来てもらい船着き場に向かう途中
船の船長さんがウミガメがいるのを見つけスピードを落とし近づけてくれました。
大きさは甲羅だけでも1,5メートル以上はあるとおもいますが、ゆっくりと頭は
水中に入れたままゆうゆうと泳いでいます、なかなか頭を水面には出しません。
s_DSC_0903.jpg

待つこと約5分くらいやっと頭を水面に出してくれました。
ほんのわずかな時間ですぐに又海面に沈めましたが、こんな湾の中で見るのは
珍しいとのことでした。自遊人も本当の海で見たのは初めてで感激しました。
s_DSC_0896.jpg

田舎料理で大満足、ババさんのお得意の五目寿司といちき串木野漁港
でとれたての魚の刺身、普段外食に慣れているので、これが一番のお気に入りかな。
後は取れたてのカツをのたたき、我が家では一晩酢漬けにして食べると
臭みがないので孫達も満足です。
s_DSC_0858.jpg

一足先に家族が東京に帰りましたが魚釣りがしたい溜め急遽
帰りを変更した孫、この日は朝早起きして近くの江口浜に行ったのですが前日の悪天気後で
波が荒くて、釣りは中止で少し不機嫌な様子。
s_DSC_0923_1.jpg

魚も釣れづ時間をもてあそぶのでお昼から少し子供にとっては
重労働ですが体験したいとのことで、物置の床にコンクリート敷く作業体験そのNO1:モルタル練り
スコップで砂を入れ作業です。
s_DSC_0920.jpg

作業NO2:先程の砂と、コンクリートを混ぜる作業ですが
それなりに教えたように何とかこなしています。
s_DSC_0921.jpg
この作業もあまりの暑さで30分程で終了後は家の中でゲームなどで時間つぶしと残りの
宿題で夕方からは花みずき温泉へその後18日子供一人旅でかえって行きました。

その後孫と一緒にできなかった魚釣りに自分も挑戦したのですが
なかなかタイミングが合わず、8月24日早起きして挑戦してみましたらわずかな時間で
22匹のキスが釣れたので、早く引き上げ夜の為鱗落とし、内臓を処理、
早速唐揚げと塩焼きで頂きました。
s_DSC_0924.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

秋の訪れ色々 

台風18号は日置では何もなく通過しましたが、他県では大変なようです。
今日は朝から秋晴れの青空がとてもすっきりと周りの景色も映えました。
午前中は収穫が終わったオクラや、トマトの棚の整理処分をしました
今年は初めてとマトンが夜盗虫の被害にあいました、8月お盆明けころから
何かおかしいと思いながらしばらくして良く見ると、夜盗虫の大群が発生
慌てて薬で退治したのですが、その後も、せっかく熟した実の中まで入り込んで
食べていました、その後枯れかけてきたので、元気な枝を少し残して後はすべて処分
しました。毎年トマトは育てていますが初めての経験、何時もはアゲハの幼虫に
やられるのに今年はその分夜盗虫に、夜盗虫はこれ以外にもキャベツの葉も
あっと言う間にハチの巣状態、なすびも、オクラもすべてにやってきますが
あまり薬はかけたくないので、虫の食べ残しが人間の口にこれでお互いに
共存できますかね。

我が家のすぐ東側にある諸正岳も青空をバックに今日はとてもすっきりでした。
s_DSC_0990.jpg

久しぶりに我が棚田の上の林道から桜島が見えました。
昼食の時テレビで食事の寸前11寺46分噴火のニュースがありましたので
食事後我が家から200メートルくらい登った所の林道から桜島が見えました。
何時も気にしているのですがほとんど霞んで写真には映りませんが今日は
やっと何とかカメラに収まりました。ここからだとたぶん40キロ以上はあると思います。
今日は噴火回数が多いようですね、4回か5回ですね。
s_DSC_0997.jpg

秋の収穫栗、10年ほど前に小さな苗を植えたのですが今では
屋根より高く伸びて沢山着実したのですが管理が悪く半分は虫害で
落果、残りも雨などで落果の残りも18号台風で落果しましたが、
今日収穫してみました。わずかですが一いがに一個なる種類なのでそれなりの
実が入っています。
s_DSC_1008.jpg

落果した残りのi 分お収穫をした後木の上の方にある実を何とか
苦労して採取してみるとそこそこ取れましたので明日はこれを
いがから出して栗ご飯にでもしたいと思っています。
s_DSC_1013.jpg

採取した栗いがから取り出して見ると思ったより沢山ありました。
s_DSC_1016.jpg

秋の花・毎年この時期になると近くの路傍に咲く球すだれが
今日は咲きました。可愛いです、普段草払いの時一緒に払ってしまいますので
今年はしるしをつけて草払いの時気を付けて何とか少しだけ残りました。
s_DSC_0999.jpg

秋の花:彼岸花台風が来る前の15日にはまだ蕾みでしたが
今日は一気に花が咲きました。まだまだ昼間は暑いですがやっぱり自然
が秋を感じさせてくれます。まだこれからリンドウ等色々楽しみです。
s_DSC_1001.jpg

彼岸花も他な色があるのですが黄色や白はまだ少し後になって
咲くようです。この花弁の形が独特です。
s_DSC_1002.jpg

category: 自然

cm 0   tb --   page top

変わった花:オジギソウ 

18号台風もこの日置は大した被害もなく過ぎようとしています。
朝棚田の確認もしましたが、稲も倒れることなく無事でした。
収穫までにはまだ台風は来るでしょうから安心はできませんが
自然には勝てませんので、唯祈るのみ。

今年初めてオジギソウを育てています。昔は田舎の道路脇などで
よく見かけましたが、最近ほとんど見かけることが有りませんが
夏休み孫が自由研究の為ホームセンターで購入し毎日眺めています。
一鉢は東京に孫が持ち帰り残りの一鉢を自分が管理してます。
色々と試してみると結構楽しいです、
葉っぱに刺激を与えると葉っぱだけが閉じてしまいます、又その茎に
刺激を与えるとその茎が垂れ下がります、その様子がお辞儀するように
見える事から名前が着いたのかな、
又葉っぱの一枚一枚をつまようじの先で突くと葉っぱが一枚一枚閉じます。
そんなことで楽しんでいると、枝先に丸い花の蕾みが着き始め今可愛い花が
咲きました。

ポットの中で花と蕾みがついた、オジギソウ
s_DSC_0977.jpg

ピンク色の可愛い花です超極細のファイバーが無数になってその先には
小さな丸い玉のような粒がついています。蕾は綿棒の先のような形でした。
花は可愛くてきれいですがことわざ通理で茎にはとげがあり刺さると
たいへんです。
s_DSC_0984.jpg
花が咲き終わって種が出来たら少し保存しておき
来年鉢植えにしてみようと思います、種が庭の芝生に飛ばないように
しないとこれが繁殖すると後が大変のようです。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

18号台風接近 

大型台風18号が間もなくこの地方に接近、上陸の予定。
鹿児島でも、避難勧告、避難準備の放送が流れています。
今現在日吉地域では避難所の開設はありましたが
どれくらいの方が非難されているかはわかりません、
現在日吉は時々東寄りの風が時々吹いていますがまだ
心配するほどではありません、これからが心配です。

9月16日午後18時30分我が家の東方向諸正岳付近
薄灰色の雲でまだ台風が来る様子はありません。
s_DSC_0988.jpg

我が家の西方向の空、この向こうは東シナ海現在18号がある方向
なのに静かな雲空、本当にくるのかな?
s_DSC_097.jpg

我が家の南方向の様子、枕崎等はすでに荒れているようですが
我が集落あたりは、嵐の前の静かさでしょうか、テレビのニュースがうそのよう
でもこれからが本番で、夜中から明け方が心配、建物等は
心配ないですが収穫前の田んぼが心配。何もないことを祈るのみ。
s_DSC_0986.jpg

category: 自然

cm 0   tb --   page top

収穫を待つ棚田の稲 

暑い夏も少し朝夕は秋らしさを感じるようになりましたが昼間は
まだまだ暑い毎日です、我が家の棚田の稲も6月に田植えをして
来月には収穫となります、今年は幸いにお天気に恵まれ順調に
育っています。
一昨日恒例のカメムシ対策の航空防除がありましたが何とか
このまま無事育ってほしいです。

恒例のヘリコプターに薬剤をセット準備が出来ました。
s_DSC_0960.jpg

薬剤タンクを搭載していいよ離陸10ℓタンクが横に。
s_DSC_0961.jpga>

最近ではドローンが活躍ですが航空防除にはやはりこのヘリコプターが
適している用です、プロペラの風で稲をあおり中まで薬剤が散布
されるからだそうです、ドローンだとここまで風が出来ないらしいとのことです。
これで後は害虫被害がなければと祈るのみ。
s_DSC_0971.jpg

わずか2枚の田んぼですが約15分足らずで散布完了
狭い山の間を発信場所に向けて戻ってくる様子、
何時もこの山の上を救急ヘリが飛んでいますが、間違いそうです。
s_DSC_0974.jpg

田植えから90日何とか穂も出そろいました。
稲穂も垂れて何とか昨年並みの収穫を期待しながら毎日水の管理です
今年は予想以上に雨が少なく湧水だけなので心配でしたが、何とかここまで
育ちました。
s_DSC_0975.jpg

素人農業の自由人が育てる稲ですこんな感じです。
後はとりあえず台風18号が心配、毎年大した被害はないのですがやはり
これからは穂が重いので強風が心配ですどうかよそに行って下さい。
s_DSC_0976.jpg

category: 棚田

cm 0   tb --   page top

台風3号接近前 

梅雨の雨が一段落、暑い一日でした、朝から畑の草取りをしたのですが
さすがにこの暑さに耐えきれず作業中止、エアコンの下で体を冷やしながら
リビングの窓から西の空を見ると寸前までは雲一つない空がいつの間にか
綺麗な姿になりました。久しぶりに見る景色なので早速棚田に行って雲の
動きをしばらく眺めました。

棚田の西の山の上に見えるうろこ雲:7月3日午後18時10分
s_DSC_0777.jpg

前の様子から15分後、18時25分あっと言う間に雲の形が変わりました。
s_DSC_0785.jpg

さらに10分後少し北西方向に最初と同じような雲が出来ました。
自然の動きを見ているとさっきまでの暑さも忘れました。
s_DSC_0788.jpg

台風が接近との事で夜はと思い空を見上げると雲一つない
暗闇に半月の姿がありました、7月の満月まではまだ時間があるので
それは次の楽しみ。
s_DSC_0791.jpg
おかげで台風の被害もなく過ぎて行ったよです、今は少し風がありますが
雨は降っていません、おそらくこれで梅雨が明けるかも?

category: 日々

cm 0   tb --   page top

最後の田植 

梅雨に入り最少は雨が少なく田植が心配されましたが18日頃から
適度な雨が降り、周りの田んぼでも田植が盛んに行われています。
そんな中来年3月で閉校を控えている校区の日置市住吉小学校で
昨日6月23日恒例の田植がありました。
学校ボランティアのY氏により15年間続けられています。
最初の苗床造りから稲刈りまで。

5年生と6年生での苗床造りを紹介します。
この小学校ではY氏の指導で最初の苗床造りから始まります。
今年はボランティアY氏の奥さんの指導ではじまりました。
苗床造りNO1 籾種を入れる苗箱の準備
s_IMG_3725.jpg

 苗床造りNO2苗箱用の土の準備
Y氏宅で準備された苗床用の土をポリバケツに取り込み
s_IMG_3728.jpg

苗床造りNO3苗箱の底に土が漏れないように古新聞紙を
敷いてその上に土を1cmくらいの厚みに入れます。
s_IMG_3731.jpg

苗床造りNO4苗箱の土を手で仮に均す作業
教わったとうりにきれいに出来ています。
s_IMG_3732.jpg

苗床造りNO5先程入れた土を木製のヘラを使い土を平らに均す作業です
とてもきれいに出来ました。
s_IMG_3733.jpg

苗床造りNO6前準備も大詰めを迎えました、籾種を入れる前に
十分に水をじょろでかけておきます。
s_IMG_3738.jpg

苗床造りNO7一週間ほど前に籾種を水につけておいた籾を
計量カップで2杯約2合を1箱用に小分けして土の上に撒きます。
お手本はY氏です。
s_IMG_3739.jpg

苗床造りNO8籾種を手で均一に苗床に蒔きますY氏のお手本です。
s_IMG_3740.jpg

苗床造りNO9いよいよ自分達での種蒔きです、先程の容器から少しずつ
手に持ち土の上にばらまきます。
s_IMG_3743.jpg

苗床造りNO10籾蒔きも最後になり完成です。
完成した苗箱を温室に入れて芽が出揃うまで待ちます。
芽が出そろったら外に出して乾燥しないように十分に水やりをしながら
植えるまでまちます。
s_IMG_3747.jpg
専業の農家さんでは、今はコンベアー式の機械で作るので
これだけの手間はとても短縮されています。6年生はこうして最後の作業まで
体験できて良い思い出がのこりました。

いよいよ本番の田植開始ですが、始まりの前まで雨で
心配でしたが9時頃には心配の雨も上がり田植日和になりました。

私も早めに雨具を着て学校田に着くとすでに
学校ボランティアのY氏が田んぼの中中を均していました。
s_DSC_0712.jpg

籾種蒔きから37日間大事に育てた苗、立派に育ちました。これも
Y氏のご指導のおかげです。種撒き5月18日でした。
s_DSC_0723.jpg

田んぼに入る前に先生からの注意事項がありました、生徒たちもこれが最後なので
真剣に耳を傾けていました。
s_DSC_0719.jpg

先生に続いてY氏から苗の持ち方、何本くらい、植える時の注意がありましたが
Y氏もこれが最後となると少し寂しくなるとのお話でした。
s_DSC_0721.jpg

いよいよ田植えの開始です自分達で育てた苗を苗箱から
むしり取るようにして準備する子供。
s_DSC_0724.jpg

いよいよ田植の開始先生の合図で6年から入り間に低学年の生徒が
入って目印の付いたロープに沿って一株ずつ丁寧に植えています。
1年生はこれが最初で最後ですがきちんと言われたとうりにやっていました。
s_DSC_0729.jpg

さすが高学年なれた手つきでとても上手に植えられています。
s_DSC_0736.jpg

田植完了、開始から1時間と少し何事もなく無事終了しました、
少し苗が倒れかけたのもありますがまずはご苦労様でした。
今度新しい学校でももし同じようなことが有ればこの体験を十分に
生かして下さいね。
s_DSC_0740.jpg

校舎をバックに記念の万歳、本当に今日はお天気に恵まれました。
又秋には稲刈り、収穫祭等があり楽しみにしています。
s_DSC_0753.jpg

category: 地域のイベント

cm 0   tb --   page top

棚田のアジサイが見ごろとなりました。 

梅雨に入り6月も3分の1が過ぎました。今我が家の棚田のアジサイが見頃となりました。
白色、赤色、青色等がそれぞれ鮮やかな色で楽しませてくれています。
その一部をここにアゥプして見ました。

数日前はまだ蕾みだったのに雨上がりの今日はきれいに
咲きました赤色、白色、青色等、アジサイを見に来た人達を楽しませてくれています。
s_DSC_0616.jpg

棚田の下段から見える白色のアジサイ。
s_DSC_0612.jpg

離れて見ると白色ですが近くでよく見るとウオームホワイト
でやわらかい感じがします。
s_DSC_0619.jpg

青色の花ですが、咲き始めよりは色が少しずつ
青みが濃くなりました。
s_DSC_0633.jpg

赤色も他と同じで毎日見ていると少しずつ色が
濃くなるのが良くわかります。
s_DSC_0626.jpg

花が小さくてかわいい青色のアジサイ。
s_DSC_0666.jpg

category: 棚田

cm 0   tb --   page top

ストロベリームーン 

 6月の満月6月9日(金)今日は満月久しぶりにきれいなお月さんを見ました。
夕日が沈んだ向かいの山の上に何時もと違った色のお月さんがありました。

我が家の向かいにある山の上に丸いお月さんが顔を出しました
何気なく眺めると何時もと少し色が違いました。
これがストロベリームーンなんだと納得しました、でも今時間は
何時もと同じ感じで雲の中に見え隠れしています。
撮影時間はPM7:40分
s_DSC_0639.jpg
6月の満月を指す「イチゴ月」。美味しそうで可愛らしい名前ですが、もともとネイティブアメリカンが使っていた月のニックネームで、6月はイチゴの収穫時期で、ちょうどその頃に満月が赤くなることから、ストロベリームーンと呼ばれるようになったそうです。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

恒例のせっぺ跳べ 

今日は梅雨入り最初の雨になりました。天気が良いとなかなか
ブログをアップする時間もできませんが、おかげで外の作業が
出来ないので、先日6月4日(日)に行われた日置の行事を少し
アップします。当日は爽やかな風の吹く良い天気でした。
開催時期は昔は毎年5月6日・その後6月6日改められた。
さらに若者の流出や、少子高齢化の影響などで、
昭和46年から毎年6月の第一日曜日行われるようになったそうです。

日置八幡神社の入り口付近すでにたくさんの
見物の人達が神社から、ご神体下りを見る為に集まっていました。
s_DSC_0533.jpg

待つこと15分神社から祭壇や御神体が石段を下り始めました。
s_DSC_0535.jpg

台車に乗せられた御神体様が石段下りを終えて
ご新田に向かって現れました。結構大きなものですね。このまま
田植え踊りが終わるまで、御神田脇に飾られます。
s_DSC_0538.jpg

御神田の片隅に八幡神社の祭壇が設けれて、神事が
行わられます。
s_DSC_0545.jpg

ご神事が始まると同時に一番乗りの団旗竿がたくさんの拍手に
迎えられご新田に入ってきました、
団旗竿・しべ竿をそれぞれ力自慢の者が一人で竿を立てて持ち、力技を競う。
s_DSC_0549.jpg
最初から一気に田んぼの中をまっすぐのまま目的場所まで見事に運びました。
 盛大な拍手が送られました。

しべを飾った2番手も途倒れることなくあっと言う間に向かいの
土手に到着拍手喝采。
s_DSC_0556.jpg

次々と、途中竿が倒れたりするのもありましたがすべてがそろいました。
s_DSC_0574.jpg

団旗・しべの竿が立ち終わる前にすでに踊りの小さな輪が出来ています。
s_DSC_0562.jpg

せっぺとべのクライマックス先ほどは数人の輪があっと言う間に
こんなに大きな輪になりました、中には足がもつれて田んぼに倒れたり
顔まで泥んこで誰かもわかりませんが、みんな楽しそうに歌いながら踊っています。
s_DSC_0577.jpg

踊り疲れると田んぼに座りポリ容器に入った焼酎をまるで
機械の燃料タンクにそそぐかのようにして飲んでは又踊りの輪の中に。
s_DSC_0585.jpg

先が楽しみパパにだっこされた小さな子供の姿がありました。
s_DSC_0567.jpg

嫌がる様子もなく泥んこの田んぼに入れてもらって喜んで
いるようにも見えました。周りから拍手もありました。
s_DSC_0565.jpg
若者が少なく、高齢者が多い町なのでいつまでこの行事ができるか
心配です。できる間は頑張って続けてほしいですね。

category: 地域のイベント

cm 0   tb --   page top

レザート用の恵み採取 

5月も最後、今日は棚田の田んぼの水溜め準備で1年ぶりに耕運機を
動かしましたが、この歳になると結構きつかったでした。
とりあえず一部分だけ済ませ、田んぼから戻る際グミを少しだけ採取
ついでにビワと、イチゴを採取して帰宅それぞれを今夜のレザートに。

今年初めてのぐみと、ビワを採取してみました。
とりあえず今夜のレザート用です。
s_DSC_0531.jpg

採取したグミ、渋みも和らぎ独特の酸味と甘みで久しぶりに
自然の味を楽しみました。
s_DSC_0523.jpg

駐車場の脇のビワ毎日眺めているのですがなかなか熟しませんが
少しだけ熟したのを採取してみました。まだ少し酸味がありますが
美味しいです。
s_DSC_0530.jpg

毎日採取できる我が家のイチゴです、朝一番に必ずチェックして
管理してとりあえず毎日わずかですが10個くらいが採取出来ます。
甘くておいしい大粒のイチゴです。種類はレッドパール
s_DSC_0525.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

マテ貝(馬刀貝)大漁採取 

昨日奥方がお友達3人で出水の海岸に貝堀に行きました。
2回目ですが想像以上の収穫でした。
今回は地元の方のからの指導があって思った以上の
収穫でした。
マテ貝の取り方を動画で見ると面白いですね、取りに行った本人も
動画と同じだよと言っていました。
この貝が海水の中にいるのになぜ穴に塩を入れると出るのかなと
思ったら塩分濃度に敏感なんだそうです。

採取したマテ貝です、ポリバケツに軽く
2杯こんなに沢山消化するのは大変です。
s_DSC_0512.jpg

採取したマテ貝の砂を捌かすため容器を変えて海水を
入れ替えました、途中も勢いよく動いていました。
s_DSC_0514.jpg

マテ貝の料理、とりあえづ今夜はバター炒めで頂きました
少しショウガを入れて見たら臭みもなくあっさりしてとてもおいしかったです。
s_DSC_0517.jpg
我が家二人には多すぎるのでお友達におすそ分けしました。

category: 自然

cm 0   tb --   page top

色付き始めたグミ 

5月も後わずかとなりました、周りでは田植えの準備が進み
田んぼには水が溜められれています、
我が田んぼはまだ何もしていませんがそろそろ準備しようと
思っていますが何かと忙しくマイペースです。
今やっと畑の片隅にあるグミが色付き始めました。
花が沢山咲いた割には着実は少ないです。
花が咲いて見になる時の雨の性で落花したからでしょうね。

一週間ほど前はまだ全然色が青かったですが
日当たりを良くする為実のない枝を選定してみました。
s_DSC_0505.jpg

一昨日は雨でしたが、今日お天気も良く日差しもあり
青かったあのグミがあっと言う間に色付き始めました。後1週間も
すれば甘味のある実が収穫出来るのが楽しみ。
s_DSC_0510.jpg

選定して日当たりが良いところは実の大きさも良く
日当たりの悪い部分は全く色着く気配がありません、
これを試食しようと思ったのですがまだ少し早そうなのであきらめました。
s_DSC_0507.jpg
沢山採取できれば久しぶりにグミ酒を作る予定です。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

今年はビワが鈴成り 

昨年は全く実らなかったビワが今年はたくさんの実をつけています。
粒はさほど大きくありませんが、少し味見してみましたら甘味も十分
もう少し完熟すればもっと甘味が増すでしょう。

鈴なりのビワ、以前作ったビワ酒もなくなったので
今年はまたビワ酒を作りたいです。
s_DSC_0498_1.jpg


実は大きくありませんが美味しそうです、
何も手入れもせづ自然任せで出来たのが不思議なくらい。
本当ならもっと手入れをすれば、果実も大きくもっと美味しい
ビワが出来るでしょうね。
s_DSC_0499.jpg

category: 自然

cm 0   tb --   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ