09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

田舎暮らしを始めて、早6年。豊かな自然の中で起きる日々の出来事や、様々な趣味をアップして見ました。どうぞご覧ください。

恒例のせっぺ跳べ 

今日は梅雨入り最初の雨になりました。天気が良いとなかなか
ブログをアップする時間もできませんが、おかげで外の作業が
出来ないので、先日6月4日(日)に行われた日置の行事を少し
アップします。当日は爽やかな風の吹く良い天気でした。
開催時期は昔は毎年5月6日・その後6月6日改められた。
さらに若者の流出や、少子高齢化の影響などで、
昭和46年から毎年6月の第一日曜日行われるようになったそうです。

日置八幡神社の入り口付近すでにたくさんの
見物の人達が神社から、ご神体下りを見る為に集まっていました。
s_DSC_0533.jpg

待つこと15分神社から祭壇や御神体が石段を下り始めました。
s_DSC_0535.jpg

台車に乗せられた御神体様が石段下りを終えて
ご新田に向かって現れました。結構大きなものですね。このまま
田植え踊りが終わるまで、御神田脇に飾られます。
s_DSC_0538.jpg

御神田の片隅に八幡神社の祭壇が設けれて、神事が
行わられます。
s_DSC_0545.jpg

ご神事が始まると同時に一番乗りの団旗竿がたくさんの拍手に
迎えられご新田に入ってきました、
団旗竿・しべ竿をそれぞれ力自慢の者が一人で竿を立てて持ち、力技を競う。
s_DSC_0549.jpg
最初から一気に田んぼの中をまっすぐのまま目的場所まで見事に運びました。
 盛大な拍手が送られました。

しべを飾った2番手も途倒れることなくあっと言う間に向かいの
土手に到着拍手喝采。
s_DSC_0556.jpg

次々と、途中竿が倒れたりするのもありましたがすべてがそろいました。
s_DSC_0574.jpg

団旗・しべの竿が立ち終わる前にすでに踊りの小さな輪が出来ています。
s_DSC_0562.jpg

せっぺとべのクライマックス先ほどは数人の輪があっと言う間に
こんなに大きな輪になりました、中には足がもつれて田んぼに倒れたり
顔まで泥んこで誰かもわかりませんが、みんな楽しそうに歌いながら踊っています。
s_DSC_0577.jpg

踊り疲れると田んぼに座りポリ容器に入った焼酎をまるで
機械の燃料タンクにそそぐかのようにして飲んでは又踊りの輪の中に。
s_DSC_0585.jpg

先が楽しみパパにだっこされた小さな子供の姿がありました。
s_DSC_0567.jpg

嫌がる様子もなく泥んこの田んぼに入れてもらって喜んで
いるようにも見えました。周りから拍手もありました。
s_DSC_0565.jpg
若者が少なく、高齢者が多い町なのでいつまでこの行事ができるか
心配です。できる間は頑張って続けてほしいですね。

category: 地域のイベント

cm 0   tb --   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ