09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

田舎暮らしを始めて、早6年。豊かな自然の中で起きる日々の出来事や、様々な趣味をアップして見ました。どうぞご覧ください。

喜寿の同窓会、会場から見える瀬戸の景色 

5月24日同窓会の為新倉敷で仲間と合流瀬戸大橋線児島駅から
15分くらいのところにある下電ホテルに到着。
2年ぶりに見る瀬戸内の島々そらは何時もと同じくかすんで
霧がかかったような感じです。ロビーの窓からはすぐ目の前を
瀬戸大橋があり向かいの島は香川県そんなところでした。

かすんで見える瀬戸大橋、橋の上が自動車
下を電車が通る二段になった橋です。
s_DSC_0125.jpg

12時からの宴会も終わり二次会までにも時間が
あるのですぐ向かいにある鷲羽山に登ってみました、仲間を
誘ったのですがこの年になると歩いて登るのは苦手のようで
自分一人で標高135mくらいなので途中まで石段約400段くらい
歩き、広い道路を少し歩いて頂上につきました。目的は夕日を見る為
鹿児島の海と違い瀬戸内海は小さな島が無数にあるので水平線
に沈む夕日は無理で小島にかかる夕日が見たかったのですが
あいにく黒い雲がかぶさって次の予定時間があるので雲の下に
出るまで待てずここであきらめて戻りました。
夕焼けの瀬戸の風景:ちょうどこの時どこかのテレビ局
撮影で来ていましたがやはり見えるかどうか心配そうでした。
s_DSC_0196.jpg

朝の瀬戸内海鷲羽山のすぐ下と向かいの島の間は狭いので
潮が渦を巻いて流れています、そこを一隻の漁船が流されながら通過していきました。
s_DSC_0229.jpg

朝もやの中にうっすらと見えるのが坂出コンビナート
この前は別なホテルから讃岐富士が見たのですが今回は見えませんでした。
この海がはっきりと見えるのは1年に数回しかないそうです。
s_DSC_0224.jpg

瀬戸大橋を通過する寝台特急サンライズ瀬戸
たまたまお会いした地元の方がもう少ししたら特急電車が通過するよと
教えてくれたので携帯で時間を確認したら岡山発6:31分発なので少し待っていました
6:59分にやってきましたのでパチリ、パチリと、橋の下段を通過していきました。
其のあとお話しして下さった方がホテルまで送ってくださいました。
ありがとうございました。
s_DSC_0234.jpg
この同窓会も今年が最後で来年からは希望者だけでと決まり
予定も来年5月第3週目の月曜日、場所は未定、でも自分は体さへ
元気なら必ず出席する予定です。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ