FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

田舎暮らしを始めて、早6年。豊かな自然の中で起きる日々の出来事や、様々な趣味をアップして見ました。どうぞご覧ください。

お米の収穫 

今日は台風27号の影響で外作業はしないので、我が家の棚田で
育ったお米の収穫を記事にしました。
でも今はこちらはお天気になり日がさしていますが、本当に
こちらにも来るのかな、テレビの進路予想を見る限りでは
少しそれそうにも見えます、出来ればそれてほしいです。
今年の台風はほとんどがそれてくれたのでおかげで沢山の
収穫がありました。
                      

1)最初に田んぼの4角とまわりを手作業で刈り取り
 一列だけかけられる場所をつくりました。
s_uma.jpg

2)回りを手刈りしてから本格的に機会で刈り始めました。
s_kikai.jpg

3)途中まで機会で進んだのですが半分くらいでぬかるんで機会では
 無理になったので残りを手で刈り取りましたが後で腰が痛くなりました。
 やっぱり年でしょうか?
s_karitori_1.jpg

4)刈り取り完了してすべて掛け終わりました。
s_kakehosi.jpg

5)脱穀開始掛干しから10日本当は体験学習で大阪から高校生が24日来る
 予定でしたが台風接近で中止になったので待ち切れず取り込みをしました。
s_dakoku.jpg

6)収穫の成果:今年は同じ田んぼで昨年は12表しかなかったのですが
  今年は15表と半分有りました。翌日早速精米して東京や京都に
  送りました。自分達も少しだけ新米の試食をしましたがやはり新米は
  美味しいです。我が家ではまだ古米がたくさんあってしばらくは
  その古米を消化します。
s_housaku.jpg

7)収穫後の田んぼで藁焼
 収穫後藁がたくさんありますが家畜もいないので畑で使う分だけを
 別に保存確保後残りを台風の雨が降る前に燃やしてお米の作業はすべて
 完了、でもまだ掛け干しに使った長い竹や馬の脚に使った棒のかたずけが
 残りましたがそれも昨日かたずけ完了です。
s_wara_1.jpg

8)藁を燃しながら棚田の石垣を眺めてこの石垣がいつまで
 もつのか?いつまでもこのままであってほしいなとおもいました。
 そしてこれからも奇麗な湧水をだし続けてくれたら勝手な願い。
 
s_wara.jpg



  

スポンサーサイト



category: 棚田

cm 0   tb --   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ