FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

田舎暮らしを始めて、早6年。豊かな自然の中で起きる日々の出来事や、様々な趣味をアップして見ました。どうぞご覧ください。

電気柵作りに挑戦 


今年初めて薩摩芋を少しですが植えました、ちょうどそのころは
雨が降らず水やりが大変でした、やっと元気なツルが出始めたころ
害敵のムジナ(アナグマ)がまだ芋らしきは何もないのに
根元を掘り荒らしにやってくるので何とか策をと思いイノシシ等に
も効く電気柵を準備することにしました。どれがよいのかわかりませんが
今回はゴコーテクノスさんの商品を使いました。
私は電気には全く素人で配線等大変だと思ったのですが説明書がわかりやすく
なっていたので比較的スムースに出来ました。


1)制御ユニット・端子台・高圧発生トランス・を木製の板に取り付けて
 それぞれを図面に沿って配線しましたCDS昼/夜検地センサー
 連続通電/夜間通電スイッチ配線をはんだで済ませました。
 配線完了ご収納ボックスに固定

s_hako_3.jpg
 
2)収納ボックス左側面には高電圧+線と-線を接なぐ端子を取り付けてあります。

s_hako_2.jpg

3)収納ボックス上部にはDSC昼/夜検地センサーと連続通電切り替えスイッチを取りつけました。
s_hako_5.jpg

4)配線盤取り付け完了後バッテリーを納めて見ました無理なくおさまりました。
 バッテリーは12V自動車用です。


5)電線は電気工事の廃品用を地元の工事会社から無料で頂きました。
 会社では本当は工事の時仮説用として使うのも有るそうですが
 社長さんお声で沢山頂くことが出来ました。又現場の方から
 線のはがし方も丁寧に教えて下さいました。

s_densen_1.jpg
6)電線の真ん中に刃物で切り口を作り中の線だけを引っ張れば線と外の皮が
 簡単にはがすことが出来ました。 これが取り出した+線と-線線です。
s_densen_2.jpg
7)電線作業の最後は取り出した線を裸にすることでしたこれだけの量を1本ずつだとたいへんなので
燃やして裸にすることにしました。草や竹など少し準備しそれで裸線を作りました。
s_densen_3.jpg
8)杭と肌線の取り付け、杭はホームセンターで焼杭12本購入しました。
 これをまわりにバランスよく打ち込んでから線を巻く碍子を取りつけました。

 碍子はペットボトルの首元から切り取ってビスで取り付けました。
s_gaisi_1.jpg
9)コーナー用碍子の取り付けです。コーナーは裸線が杭に触れないようにダブルで 取り付けました。
s_gaisi_2.jpg
10)畑に設置バッテリーの接続+線と-線をそれぞれのターミナルに接ないでそれから
 高電圧の+線を裸線に接続端子でつなぎました。-線はアースで地面に約60センチ程埋め込みました。
s_suetuke_2.jpg
11)通電確認は最初連続通電切り替えスイッチで試し、後は暗くなってからと
 2回テストして見ました、無事どちらも成功しました。
 尚裸線は20センチ間隔で上下2段にして途中上線と下線を接いで有ります。

s_kendenki_1.jpg
12)完成後の畑イメージです住まいとは数メートルのところですが、おかまいなく
  やってくるのですこれで先ずは安心できます、収穫が楽しみです。
s_hatake.jpg

◆今回の電気柵作りには販売元のゴコーテクノス・担当の方・又電線を提供して下さった
 太陽光発電の大和電気さん他お世話になりました、特にゴコーテクノスさんに於いては
 電話で丁寧に配線についてご指導有り難うございました。
 しばらく来てなかったムジナが工事完了と同時に来ているようですがやはり効果は出て
 います。朝見ると線のまわりに足跡が数か所有りますが中には入ってないです。
スポンサーサイト



category: 日々

cm 2   tb --   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ