10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

田舎暮らしを始めて、早6年。豊かな自然の中で起きる日々の出来事や、様々な趣味をアップして見ました。どうぞご覧ください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

最後の稲刈り 

閉校まじかの小学校でこれが最後となる稲刈りがありました。
10月14日土曜授業を利用しての作業でした。
あいにく小雨が降っていたのですが、すぐのに雨もやんだので
楽しく開始されました。

学校ボランテイアの山口さんの挨拶から注意事項を聴く生徒達。
s_DSC_0183.jpg

作業開始最初は6年生が1年生を指導しながらの始まり。
s_DSC_0185.jpg

なれない手つきですが1蕪ずつ丁寧に刈っています。
s_DSC_0190.jpg

とても楽しそうな笑顔がありました。
s_DSC_0186.jpg

刈り取り作業も終わり今度は用意した櫨に掛け始めました。
s_DSC_0193.jpg

1年生は最初で最後の体験6年生はこれが最後で少し寂しそうでしたが
笑顔で6人記念の!!
s_DSC_0202.jpg

最後に生徒全員で苗作りから田植えすべての指導して下さった方に御礼と
感謝の挨拶。
s_DSC_0212.jpg

何事もなく無事終了後学校をバックに全員で記念の写真。
s_DSC_0210_1.jpg
ボランティアの自遊人も少しずつ参加する行事も少なくなってくるので
少し寂しい感じですが出来るだけ参加します。
スポンサーサイト

category: 地域のイベント

cm 0   tb --   page top

オオスズメバチ 

先日スズメバチの記事をアップしましたがその追記
仕掛けたペットボトルの罠には毎日沢山のスズメバチがかかっています
最初はキイロスズメバチばかりでしたが、ここ2、3日はオオスズメバチが
掛かるようになりました。

今日もスズメバチに襲われ亡くなられたニュースが
ありましたが、恐ろしいですね、左がキイロスズメバチ
右がオオスズメバチ大きさも倍の大きさでお尻の針を
触ってみましたがとてもかたいです。まだ巣がどこか確認
出来ないので繁みの多いところなので心配です。
s_DSC_0109.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

10月の満月 

10月も4分の1が過ぎます、又今日は30℃以上の暑い一日でした。
集落の田んぼでも稲刈りが始まりました。
我が家も一部イノシシの被害もありますが今日はその準備で
機械が回転できるように手で一部刈り取り作業を済ませ、夕食後
庭に出て満月が出てくるのを待ちました。

10月4日中秋の名月の夜庭の上の暗闇にきれいな姿を
見せてくれました、この夜は雲がないので、あまり変化なし。
s_DSC_0128.jpg

月の出時簡に合わせ庭に出てみると向かいの山の上に
月の光で横に流れる細い雲があるのでこの上にお月さんが出るのを
しばらく待ちました、19時25分お月さんが顔を出しました。
こんな様子を見ると一日の疲れもどかへ。
s_DSC_0146.jpg

それからしばらくするとどこからか雲がお月さんの周りに
雲の形は都度変わるので楽しいです。19時43分
s_DSC_0130.jpg

雲の中の月NO2わずか2分後の様子です、昨夜は雲の流れが早くて
シャッターが切れるまでに雲で隠れて撮れませんでしたが
今夜は風もなく今時の間も色々形の雲の中のお月さんが見えています。
s_DSC_0135.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

キイロスズメバチの捕獲 

もう10月今日は午前中昨日刈払った草を焼却処分して
終わったらお昼から雨になったので、先日捕獲した
スズメバチの記事をアップしてみます。
今年夏場は近くであまり見かけなったので少ないかと
思っていたら以外にたくさんのスズメバチが柿木の実が
虫の被害で落果したのを食べにたくさん集まるので
びっくり、テレビなどで今年は多いと聞いたのですが
やはり鹿児島でも、今年は昨年と違い
雨が少なかったのが蜂の繁殖につながったのでしょうね。
自分も4年ほど前に刺されているので要注意です。

今来ているところは巣ではなく単なるエサ場ですが
何時も近くで作業などするのでやっぱり気になるので
どれくらい捕獲できるか試しに仕掛けを取り付けました。
s_DSC_0104.jpg
ペットボトル中身はオレンジジュースと古いリキュール(蜂蜜の代わり)にいれてみました。

捕獲用罠を仕掛けて2日間では3匹4日目朝見たときはそのままでしたが
夕方見るとすごい数が入っていました。
s_DSC_0099.jpg
この中ではまだ逃げ出したくて動き回っていました。

翌日中のジュースを取り換える為容器から取り出し数を数えて
見ました、なんと43匹これくらいでは1個の巣のほんの一部に過ぎません、
又新しく仕掛けをつるしました。今でも前刺された時の痛さは忘れられません。
s_DSC_0107_1.jpg
これからの時期が一番怖い季節です木の繁みなどが多いところは要注意”

category: 日々

cm 0   tb --   page top

この花なんの花 

住まいの裏の竹藪に最近気になる黄色の花が葉っぱ、花の形色
かぼちゃにそっくり、少し様子見していると、細長い実があるのが
見えました、どうもヘチマのようです。
我が家も、ご近所さんも植えてないのにどこから種が?
きっと小鳥がどこかの畑で食べてその糞から出たのでしょうね。
どこまで育つか、見守ります。

かぼちゃとそっくりの葉っぱ。
s_DSC_1042.jpg


まだはっきりしませんが細長い実が見えます、かぼちゃなら
丸いですから、ヘチマと判断しました。種はたぶんヒヨドリかカラスが
運んできたんでしょう。
s_DSC_1044.jpg

秋はキノコのシーズンですが今畑の片隅に一本の変わったのが
名前はわかりません直径は15cmくらい周りはヒマワリのような形に
なっています、たぶん毒キノコでしょうね?
s_DSC_1054.jpg

category: 自然

cm 0   tb --   page top

ついにやられました:収穫前の稲 

夜は19℃昼間は29℃さすが昼間の作業は結構きついですね、
日陰は寒く感じる毎日です。
先日稲刈り準備で朝水抜きをして夕方確認するとうまく排水も
出来ていたので一安心、翌日の朝様子見に行くと、
入り口付近が前日と様子がおかしいので見ると周りの稲が倒れ
しかも何かの足跡が、もしやでよく見ると、イノシシの足跡でした。
今時期は体についた虱やダニを落とすために水の中で体をこすりつけ
て泥浴びで被害を受けるのです。後数日なのに残念です。

イノシシが入った周りのお米は匂いが着いて
食べられないとのことで、今年は収穫が少し少なくなるでしょうね。
その後もう一枚の田んぼも心配で周りの草を払い、
夜は投光機で照らしたり何とかこれ以上の被害がないことをいのってます。
s_DSC_0101.jpg

category: 棚田

cm 0   tb --   page top

孫達との夏休みの記録 

暑さ、寒さも彼岸まで、ことわざどうり今日は朝からの雨で、現在室内は22℃湿度65%
少し肌寒く感じます。
本来ならば今日は来春閉校予定の小学校の運動会の予行練習の記録写真係りで
準備していたのですが、学校からの連絡で中止になったので、時間が出来たので
そのままになっていた夏休みの記録を少しアップします。

今年は日置の田舎でゆっくりしたいとのことだったので、近くの海に行きました。
場所は南さつま市坊津あじろ浜海水浴場に6人で10年ぶりにいきました。
その時の孫娘も高校1年生、下の孫6年生、あっと言う間でした。

日置から約1時間くらいの坊津にある網代はま
陸続きなのになぜか、船着き場から小舟で5分くらいのところにある
小さな海水欲場、水はきれいでシュノーケリングで熱帯魚などを
見て楽しめる場所。
s_DSC_0904.jpg

我が家の休憩場所の隣のご家族が可愛いワンちゃんを連れて
初めての泳ぎの練習を始める所でした。
初めてで最初は入れないので、犬用のライフジャケット、リードで短い距離から
引いてあげたりして水になれさせていました。
s_DSC_0870.jpg="
今度は少しリードの長さを伸ばした訓練これを数回してます。
s_DSC_0869.jpg

やっと慣れてきて今度は自分の方から名前を呼ばれると
水に入り待っているご主人さまに向かっていました。可愛いですね
s_DSC_0871.jpg

孫達家族の海での写真は今回が初めてかな、それ以外ではデズニーランド
大阪ユニバーサルスタジオはじめ色々ありますが、我が娘夫婦の希望でした。
いつまで子供たちとこんな風景が見れるかな。
s_DSC_0875.jpg

東京にいるとなかなか近くにはこんなきれいな海は
ないので子供たちもお気に入り、ボール遊びでご機嫌な孫6年生。
s_DSC_0879.jpg

残念ながら、この場所にはトイレがありませんので都度携帯で連絡をして
船で迎えに来てもらいます、小生も迎えに来てもらい船着き場に向かう途中
船の船長さんがウミガメがいるのを見つけスピードを落とし近づけてくれました。
大きさは甲羅だけでも1,5メートル以上はあるとおもいますが、ゆっくりと頭は
水中に入れたままゆうゆうと泳いでいます、なかなか頭を水面には出しません。
s_DSC_0903.jpg

待つこと約5分くらいやっと頭を水面に出してくれました。
ほんのわずかな時間ですぐに又海面に沈めましたが、こんな湾の中で見るのは
珍しいとのことでした。自遊人も本当の海で見たのは初めてで感激しました。
s_DSC_0896.jpg

田舎料理で大満足、ババさんのお得意の五目寿司といちき串木野漁港
でとれたての魚の刺身、普段外食に慣れているので、これが一番のお気に入りかな。
後は取れたてのカツをのたたき、我が家では一晩酢漬けにして食べると
臭みがないので孫達も満足です。
s_DSC_0858.jpg

一足先に家族が東京に帰りましたが魚釣りがしたい溜め急遽
帰りを変更した孫、この日は朝早起きして近くの江口浜に行ったのですが前日の悪天気後で
波が荒くて、釣りは中止で少し不機嫌な様子。
s_DSC_0923_1.jpg

魚も釣れづ時間をもてあそぶのでお昼から少し子供にとっては
重労働ですが体験したいとのことで、物置の床にコンクリート敷く作業体験そのNO1:モルタル練り
スコップで砂を入れ作業です。
s_DSC_0920.jpg

作業NO2:先程の砂と、コンクリートを混ぜる作業ですが
それなりに教えたように何とかこなしています。
s_DSC_0921.jpg
この作業もあまりの暑さで30分程で終了後は家の中でゲームなどで時間つぶしと残りの
宿題で夕方からは花みずき温泉へその後18日子供一人旅でかえって行きました。

その後孫と一緒にできなかった魚釣りに自分も挑戦したのですが
なかなかタイミングが合わず、8月24日早起きして挑戦してみましたらわずかな時間で
22匹のキスが釣れたので、早く引き上げ夜の為鱗落とし、内臓を処理、
早速唐揚げと塩焼きで頂きました。
s_DSC_0924.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

秋の訪れ色々 

台風18号は日置では何もなく通過しましたが、他県では大変なようです。
今日は朝から秋晴れの青空がとてもすっきりと周りの景色も映えました。
午前中は収穫が終わったオクラや、トマトの棚の整理処分をしました
今年は初めてとマトンが夜盗虫の被害にあいました、8月お盆明けころから
何かおかしいと思いながらしばらくして良く見ると、夜盗虫の大群が発生
慌てて薬で退治したのですが、その後も、せっかく熟した実の中まで入り込んで
食べていました、その後枯れかけてきたので、元気な枝を少し残して後はすべて処分
しました。毎年トマトは育てていますが初めての経験、何時もはアゲハの幼虫に
やられるのに今年はその分夜盗虫に、夜盗虫はこれ以外にもキャベツの葉も
あっと言う間にハチの巣状態、なすびも、オクラもすべてにやってきますが
あまり薬はかけたくないので、虫の食べ残しが人間の口にこれでお互いに
共存できますかね。

我が家のすぐ東側にある諸正岳も青空をバックに今日はとてもすっきりでした。
s_DSC_0990.jpg

久しぶりに我が棚田の上の林道から桜島が見えました。
昼食の時テレビで食事の寸前11寺46分噴火のニュースがありましたので
食事後我が家から200メートルくらい登った所の林道から桜島が見えました。
何時も気にしているのですがほとんど霞んで写真には映りませんが今日は
やっと何とかカメラに収まりました。ここからだとたぶん40キロ以上はあると思います。
今日は噴火回数が多いようですね、4回か5回ですね。
s_DSC_0997.jpg

秋の収穫栗、10年ほど前に小さな苗を植えたのですが今では
屋根より高く伸びて沢山着実したのですが管理が悪く半分は虫害で
落果、残りも雨などで落果の残りも18号台風で落果しましたが、
今日収穫してみました。わずかですが一いがに一個なる種類なのでそれなりの
実が入っています。
s_DSC_1008.jpg

落果した残りのi 分お収穫をした後木の上の方にある実を何とか
苦労して採取してみるとそこそこ取れましたので明日はこれを
いがから出して栗ご飯にでもしたいと思っています。
s_DSC_1013.jpg

採取した栗いがから取り出して見ると思ったより沢山ありました。
s_DSC_1016.jpg

秋の花・毎年この時期になると近くの路傍に咲く球すだれが
今日は咲きました。可愛いです、普段草払いの時一緒に払ってしまいますので
今年はしるしをつけて草払いの時気を付けて何とか少しだけ残りました。
s_DSC_0999.jpg

秋の花:彼岸花台風が来る前の15日にはまだ蕾みでしたが
今日は一気に花が咲きました。まだまだ昼間は暑いですがやっぱり自然
が秋を感じさせてくれます。まだこれからリンドウ等色々楽しみです。
s_DSC_1001.jpg

彼岸花も他な色があるのですが黄色や白はまだ少し後になって
咲くようです。この花弁の形が独特です。
s_DSC_1002.jpg

category: 自然

cm 0   tb --   page top

変わった花:オジギソウ 

18号台風もこの日置は大した被害もなく過ぎようとしています。
朝棚田の確認もしましたが、稲も倒れることなく無事でした。
収穫までにはまだ台風は来るでしょうから安心はできませんが
自然には勝てませんので、唯祈るのみ。

今年初めてオジギソウを育てています。昔は田舎の道路脇などで
よく見かけましたが、最近ほとんど見かけることが有りませんが
夏休み孫が自由研究の為ホームセンターで購入し毎日眺めています。
一鉢は東京に孫が持ち帰り残りの一鉢を自分が管理してます。
色々と試してみると結構楽しいです、
葉っぱに刺激を与えると葉っぱだけが閉じてしまいます、又その茎に
刺激を与えるとその茎が垂れ下がります、その様子がお辞儀するように
見える事から名前が着いたのかな、
又葉っぱの一枚一枚をつまようじの先で突くと葉っぱが一枚一枚閉じます。
そんなことで楽しんでいると、枝先に丸い花の蕾みが着き始め今可愛い花が
咲きました。

ポットの中で花と蕾みがついた、オジギソウ
s_DSC_0977.jpg

ピンク色の可愛い花です超極細のファイバーが無数になってその先には
小さな丸い玉のような粒がついています。蕾は綿棒の先のような形でした。
花は可愛くてきれいですがことわざ通理で茎にはとげがあり刺さると
たいへんです。
s_DSC_0984.jpg
花が咲き終わって種が出来たら少し保存しておき
来年鉢植えにしてみようと思います、種が庭の芝生に飛ばないように
しないとこれが繁殖すると後が大変のようです。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

18号台風接近 

大型台風18号が間もなくこの地方に接近、上陸の予定。
鹿児島でも、避難勧告、避難準備の放送が流れています。
今現在日吉地域では避難所の開設はありましたが
どれくらいの方が非難されているかはわかりません、
現在日吉は時々東寄りの風が時々吹いていますがまだ
心配するほどではありません、これからが心配です。

9月16日午後18時30分我が家の東方向諸正岳付近
薄灰色の雲でまだ台風が来る様子はありません。
s_DSC_0988.jpg

我が家の西方向の空、この向こうは東シナ海現在18号がある方向
なのに静かな雲空、本当にくるのかな?
s_DSC_097.jpg

我が家の南方向の様子、枕崎等はすでに荒れているようですが
我が集落あたりは、嵐の前の静かさでしょうか、テレビのニュースがうそのよう
でもこれからが本番で、夜中から明け方が心配、建物等は
心配ないですが収穫前の田んぼが心配。何もないことを祈るのみ。
s_DSC_0986.jpg

category: 自然

cm 0   tb --   page top

収穫を待つ棚田の稲 

暑い夏も少し朝夕は秋らしさを感じるようになりましたが昼間は
まだまだ暑い毎日です、我が家の棚田の稲も6月に田植えをして
来月には収穫となります、今年は幸いにお天気に恵まれ順調に
育っています。
一昨日恒例のカメムシ対策の航空防除がありましたが何とか
このまま無事育ってほしいです。

恒例のヘリコプターに薬剤をセット準備が出来ました。
s_DSC_0960.jpg

薬剤タンクを搭載していいよ離陸10ℓタンクが横に。
s_DSC_0961.jpga>

最近ではドローンが活躍ですが航空防除にはやはりこのヘリコプターが
適している用です、プロペラの風で稲をあおり中まで薬剤が散布
されるからだそうです、ドローンだとここまで風が出来ないらしいとのことです。
これで後は害虫被害がなければと祈るのみ。
s_DSC_0971.jpg

わずか2枚の田んぼですが約15分足らずで散布完了
狭い山の間を発信場所に向けて戻ってくる様子、
何時もこの山の上を救急ヘリが飛んでいますが、間違いそうです。
s_DSC_0974.jpg

田植えから90日何とか穂も出そろいました。
稲穂も垂れて何とか昨年並みの収穫を期待しながら毎日水の管理です
今年は予想以上に雨が少なく湧水だけなので心配でしたが、何とかここまで
育ちました。
s_DSC_0975.jpg

素人農業の自由人が育てる稲ですこんな感じです。
後はとりあえず台風18号が心配、毎年大した被害はないのですがやはり
これからは穂が重いので強風が心配ですどうかよそに行って下さい。
s_DSC_0976.jpg

category: 棚田

cm 0   tb --   page top

台風3号接近前 

梅雨の雨が一段落、暑い一日でした、朝から畑の草取りをしたのですが
さすがにこの暑さに耐えきれず作業中止、エアコンの下で体を冷やしながら
リビングの窓から西の空を見ると寸前までは雲一つない空がいつの間にか
綺麗な姿になりました。久しぶりに見る景色なので早速棚田に行って雲の
動きをしばらく眺めました。

棚田の西の山の上に見えるうろこ雲:7月3日午後18時10分
s_DSC_0777.jpg

前の様子から15分後、18時25分あっと言う間に雲の形が変わりました。
s_DSC_0785.jpg

さらに10分後少し北西方向に最初と同じような雲が出来ました。
自然の動きを見ているとさっきまでの暑さも忘れました。
s_DSC_0788.jpg

台風が接近との事で夜はと思い空を見上げると雲一つない
暗闇に半月の姿がありました、7月の満月まではまだ時間があるので
それは次の楽しみ。
s_DSC_0791.jpg
おかげで台風の被害もなく過ぎて行ったよです、今は少し風がありますが
雨は降っていません、おそらくこれで梅雨が明けるかも?

category: 日々

cm 0   tb --   page top

最後の田植 

梅雨に入り最少は雨が少なく田植が心配されましたが18日頃から
適度な雨が降り、周りの田んぼでも田植が盛んに行われています。
そんな中来年3月で閉校を控えている校区の日置市住吉小学校で
昨日6月23日恒例の田植がありました。
学校ボランティアのY氏により15年間続けられています。
最初の苗床造りから稲刈りまで。

5年生と6年生での苗床造りを紹介します。
この小学校ではY氏の指導で最初の苗床造りから始まります。
今年はボランティアY氏の奥さんの指導ではじまりました。
苗床造りNO1 籾種を入れる苗箱の準備
s_IMG_3725.jpg

 苗床造りNO2苗箱用の土の準備
Y氏宅で準備された苗床用の土をポリバケツに取り込み
s_IMG_3728.jpg

苗床造りNO3苗箱の底に土が漏れないように古新聞紙を
敷いてその上に土を1cmくらいの厚みに入れます。
s_IMG_3731.jpg

苗床造りNO4苗箱の土を手で仮に均す作業
教わったとうりにきれいに出来ています。
s_IMG_3732.jpg

苗床造りNO5先程入れた土を木製のヘラを使い土を平らに均す作業です
とてもきれいに出来ました。
s_IMG_3733.jpg

苗床造りNO6前準備も大詰めを迎えました、籾種を入れる前に
十分に水をじょろでかけておきます。
s_IMG_3738.jpg

苗床造りNO7一週間ほど前に籾種を水につけておいた籾を
計量カップで2杯約2合を1箱用に小分けして土の上に撒きます。
お手本はY氏です。
s_IMG_3739.jpg

苗床造りNO8籾種を手で均一に苗床に蒔きますY氏のお手本です。
s_IMG_3740.jpg

苗床造りNO9いよいよ自分達での種蒔きです、先程の容器から少しずつ
手に持ち土の上にばらまきます。
s_IMG_3743.jpg

苗床造りNO10籾蒔きも最後になり完成です。
完成した苗箱を温室に入れて芽が出揃うまで待ちます。
芽が出そろったら外に出して乾燥しないように十分に水やりをしながら
植えるまでまちます。
s_IMG_3747.jpg
専業の農家さんでは、今はコンベアー式の機械で作るので
これだけの手間はとても短縮されています。6年生はこうして最後の作業まで
体験できて良い思い出がのこりました。

いよいよ本番の田植開始ですが、始まりの前まで雨で
心配でしたが9時頃には心配の雨も上がり田植日和になりました。

私も早めに雨具を着て学校田に着くとすでに
学校ボランティアのY氏が田んぼの中中を均していました。
s_DSC_0712.jpg

籾種蒔きから37日間大事に育てた苗、立派に育ちました。これも
Y氏のご指導のおかげです。種撒き5月18日でした。
s_DSC_0723.jpg

田んぼに入る前に先生からの注意事項がありました、生徒たちもこれが最後なので
真剣に耳を傾けていました。
s_DSC_0719.jpg

先生に続いてY氏から苗の持ち方、何本くらい、植える時の注意がありましたが
Y氏もこれが最後となると少し寂しくなるとのお話でした。
s_DSC_0721.jpg

いよいよ田植えの開始です自分達で育てた苗を苗箱から
むしり取るようにして準備する子供。
s_DSC_0724.jpg

いよいよ田植の開始先生の合図で6年から入り間に低学年の生徒が
入って目印の付いたロープに沿って一株ずつ丁寧に植えています。
1年生はこれが最初で最後ですがきちんと言われたとうりにやっていました。
s_DSC_0729.jpg

さすが高学年なれた手つきでとても上手に植えられています。
s_DSC_0736.jpg

田植完了、開始から1時間と少し何事もなく無事終了しました、
少し苗が倒れかけたのもありますがまずはご苦労様でした。
今度新しい学校でももし同じようなことが有ればこの体験を十分に
生かして下さいね。
s_DSC_0740.jpg

校舎をバックに記念の万歳、本当に今日はお天気に恵まれました。
又秋には稲刈り、収穫祭等があり楽しみにしています。
s_DSC_0753.jpg

category: 地域のイベント

cm 0   tb --   page top

棚田のアジサイが見ごろとなりました。 

梅雨に入り6月も3分の1が過ぎました。今我が家の棚田のアジサイが見頃となりました。
白色、赤色、青色等がそれぞれ鮮やかな色で楽しませてくれています。
その一部をここにアゥプして見ました。

数日前はまだ蕾みだったのに雨上がりの今日はきれいに
咲きました赤色、白色、青色等、アジサイを見に来た人達を楽しませてくれています。
s_DSC_0616.jpg

棚田の下段から見える白色のアジサイ。
s_DSC_0612.jpg

離れて見ると白色ですが近くでよく見るとウオームホワイト
でやわらかい感じがします。
s_DSC_0619.jpg

青色の花ですが、咲き始めよりは色が少しずつ
青みが濃くなりました。
s_DSC_0633.jpg

赤色も他と同じで毎日見ていると少しずつ色が
濃くなるのが良くわかります。
s_DSC_0626.jpg

花が小さくてかわいい青色のアジサイ。
s_DSC_0666.jpg

category: 棚田

cm 0   tb --   page top

ストロベリームーン 

 6月の満月6月9日(金)今日は満月久しぶりにきれいなお月さんを見ました。
夕日が沈んだ向かいの山の上に何時もと違った色のお月さんがありました。

我が家の向かいにある山の上に丸いお月さんが顔を出しました
何気なく眺めると何時もと少し色が違いました。
これがストロベリームーンなんだと納得しました、でも今時間は
何時もと同じ感じで雲の中に見え隠れしています。
撮影時間はPM7:40分
s_DSC_0639.jpg
6月の満月を指す「イチゴ月」。美味しそうで可愛らしい名前ですが、もともとネイティブアメリカンが使っていた月のニックネームで、6月はイチゴの収穫時期で、ちょうどその頃に満月が赤くなることから、ストロベリームーンと呼ばれるようになったそうです。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

恒例のせっぺ跳べ 

今日は梅雨入り最初の雨になりました。天気が良いとなかなか
ブログをアップする時間もできませんが、おかげで外の作業が
出来ないので、先日6月4日(日)に行われた日置の行事を少し
アップします。当日は爽やかな風の吹く良い天気でした。
開催時期は昔は毎年5月6日・その後6月6日改められた。
さらに若者の流出や、少子高齢化の影響などで、
昭和46年から毎年6月の第一日曜日行われるようになったそうです。

日置八幡神社の入り口付近すでにたくさんの
見物の人達が神社から、ご神体下りを見る為に集まっていました。
s_DSC_0533.jpg

待つこと15分神社から祭壇や御神体が石段を下り始めました。
s_DSC_0535.jpg

台車に乗せられた御神体様が石段下りを終えて
ご新田に向かって現れました。結構大きなものですね。このまま
田植え踊りが終わるまで、御神田脇に飾られます。
s_DSC_0538.jpg

御神田の片隅に八幡神社の祭壇が設けれて、神事が
行わられます。
s_DSC_0545.jpg

ご神事が始まると同時に一番乗りの団旗竿がたくさんの拍手に
迎えられご新田に入ってきました、
団旗竿・しべ竿をそれぞれ力自慢の者が一人で竿を立てて持ち、力技を競う。
s_DSC_0549.jpg
最初から一気に田んぼの中をまっすぐのまま目的場所まで見事に運びました。
 盛大な拍手が送られました。

しべを飾った2番手も途倒れることなくあっと言う間に向かいの
土手に到着拍手喝采。
s_DSC_0556.jpg

次々と、途中竿が倒れたりするのもありましたがすべてがそろいました。
s_DSC_0574.jpg

団旗・しべの竿が立ち終わる前にすでに踊りの小さな輪が出来ています。
s_DSC_0562.jpg

せっぺとべのクライマックス先ほどは数人の輪があっと言う間に
こんなに大きな輪になりました、中には足がもつれて田んぼに倒れたり
顔まで泥んこで誰かもわかりませんが、みんな楽しそうに歌いながら踊っています。
s_DSC_0577.jpg

踊り疲れると田んぼに座りポリ容器に入った焼酎をまるで
機械の燃料タンクにそそぐかのようにして飲んでは又踊りの輪の中に。
s_DSC_0585.jpg

先が楽しみパパにだっこされた小さな子供の姿がありました。
s_DSC_0567.jpg

嫌がる様子もなく泥んこの田んぼに入れてもらって喜んで
いるようにも見えました。周りから拍手もありました。
s_DSC_0565.jpg
若者が少なく、高齢者が多い町なのでいつまでこの行事ができるか
心配です。できる間は頑張って続けてほしいですね。

category: 地域のイベント

cm 0   tb --   page top

レザート用の恵み採取 

5月も最後、今日は棚田の田んぼの水溜め準備で1年ぶりに耕運機を
動かしましたが、この歳になると結構きつかったでした。
とりあえず一部分だけ済ませ、田んぼから戻る際グミを少しだけ採取
ついでにビワと、イチゴを採取して帰宅それぞれを今夜のレザートに。

今年初めてのぐみと、ビワを採取してみました。
とりあえず今夜のレザート用です。
s_DSC_0531.jpg

採取したグミ、渋みも和らぎ独特の酸味と甘みで久しぶりに
自然の味を楽しみました。
s_DSC_0523.jpg

駐車場の脇のビワ毎日眺めているのですがなかなか熟しませんが
少しだけ熟したのを採取してみました。まだ少し酸味がありますが
美味しいです。
s_DSC_0530.jpg

毎日採取できる我が家のイチゴです、朝一番に必ずチェックして
管理してとりあえず毎日わずかですが10個くらいが採取出来ます。
甘くておいしい大粒のイチゴです。種類はレッドパール
s_DSC_0525.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

マテ貝(馬刀貝)大漁採取 

昨日奥方がお友達3人で出水の海岸に貝堀に行きました。
2回目ですが想像以上の収穫でした。
今回は地元の方のからの指導があって思った以上の
収穫でした。
マテ貝の取り方を動画で見ると面白いですね、取りに行った本人も
動画と同じだよと言っていました。
この貝が海水の中にいるのになぜ穴に塩を入れると出るのかなと
思ったら塩分濃度に敏感なんだそうです。

採取したマテ貝です、ポリバケツに軽く
2杯こんなに沢山消化するのは大変です。
s_DSC_0512.jpg

採取したマテ貝の砂を捌かすため容器を変えて海水を
入れ替えました、途中も勢いよく動いていました。
s_DSC_0514.jpg

マテ貝の料理、とりあえづ今夜はバター炒めで頂きました
少しショウガを入れて見たら臭みもなくあっさりしてとてもおいしかったです。
s_DSC_0517.jpg
我が家二人には多すぎるのでお友達におすそ分けしました。

category: 自然

cm 0   tb --   page top

色付き始めたグミ 

5月も後わずかとなりました、周りでは田植えの準備が進み
田んぼには水が溜められれています、
我が田んぼはまだ何もしていませんがそろそろ準備しようと
思っていますが何かと忙しくマイペースです。
今やっと畑の片隅にあるグミが色付き始めました。
花が沢山咲いた割には着実は少ないです。
花が咲いて見になる時の雨の性で落花したからでしょうね。

一週間ほど前はまだ全然色が青かったですが
日当たりを良くする為実のない枝を選定してみました。
s_DSC_0505.jpg

一昨日は雨でしたが、今日お天気も良く日差しもあり
青かったあのグミがあっと言う間に色付き始めました。後1週間も
すれば甘味のある実が収穫出来るのが楽しみ。
s_DSC_0510.jpg

選定して日当たりが良いところは実の大きさも良く
日当たりの悪い部分は全く色着く気配がありません、
これを試食しようと思ったのですがまだ少し早そうなのであきらめました。
s_DSC_0507.jpg
沢山採取できれば久しぶりにグミ酒を作る予定です。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

今年はビワが鈴成り 

昨年は全く実らなかったビワが今年はたくさんの実をつけています。
粒はさほど大きくありませんが、少し味見してみましたら甘味も十分
もう少し完熟すればもっと甘味が増すでしょう。

鈴なりのビワ、以前作ったビワ酒もなくなったので
今年はまたビワ酒を作りたいです。
s_DSC_0498_1.jpg


実は大きくありませんが美味しそうです、
何も手入れもせづ自然任せで出来たのが不思議なくらい。
本当ならもっと手入れをすれば、果実も大きくもっと美味しい
ビワが出来るでしょうね。
s_DSC_0499.jpg

category: 自然

cm 0   tb --   page top

棚田の紫陽花がそろそろ 

5月も後一週間、今日は久しぶりに午後から雨になりました。
そろそろ鹿児島も梅雨入りが近づいたようですね、
梅雨と言えばアジサイが綺麗な時期です。
今我が家のアジサイ畑のアジサイもつぼみが少しづつ大きくなって
きました、6月には紫や白色等が昨年のように楽しませてくれると思い
毎日楽しみに眺めています。夜はこの棚田には蛍が飛び交い一日の
疲れを忘れて見ています。

我が棚田のアジサイのつぼみが少しづつ花らしくなってきました。
s_DSC_0501.jpg

まだまだこんな感じのつぼみですが咲き始めると
あっと言う間に開きます。
s_DSC_0403.jpg

庭の柏葉アジサイ少し暖かい日が続いたので一気に
花が咲き始めました。
s_DSC_0495.jpg

category: 棚田

cm 0   tb --   page top

恒例のそら豆収穫 

あっと言う間に5月も半分が過ぎました、今年は少し遅かったのですが
昨日、今日でそら豆を収穫しました。昨年種撒きがいつもより遅かった
ので少し育ちが悪く今頃になりましたが、何とか収穫できました。
又今は我が家の棚田には蛍が飛び交っています数は少ないですが
毎晩楽しんで眺めています、家から100mくらい下を流れる川に本来ならば
出るはずなのに今年はまだ姿を見ません、毎晩8時過ぎに確認の為カメラを
もって観察しているのですが今夜もダメでした。

今年初収穫のそら豆昨年より収穫量は
少し少ないですがこの一輪車で約2台、殻付きで約40キロ
毎年楽しみに待つ孫や知人にすべて送りました。(7軒)
s_DSC_0395.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

喜寿の同窓会、会場から見える瀬戸の景色 

5月24日同窓会の為新倉敷で仲間と合流瀬戸大橋線児島駅から
15分くらいのところにある下電ホテルに到着。
2年ぶりに見る瀬戸内の島々そらは何時もと同じくかすんで
霧がかかったような感じです。ロビーの窓からはすぐ目の前を
瀬戸大橋があり向かいの島は香川県そんなところでした。

かすんで見える瀬戸大橋、橋の上が自動車
下を電車が通る二段になった橋です。
s_DSC_0125.jpg

12時からの宴会も終わり二次会までにも時間が
あるのですぐ向かいにある鷲羽山に登ってみました、仲間を
誘ったのですがこの年になると歩いて登るのは苦手のようで
自分一人で標高135mくらいなので途中まで石段約400段くらい
歩き、広い道路を少し歩いて頂上につきました。目的は夕日を見る為
鹿児島の海と違い瀬戸内海は小さな島が無数にあるので水平線
に沈む夕日は無理で小島にかかる夕日が見たかったのですが
あいにく黒い雲がかぶさって次の予定時間があるので雲の下に
出るまで待てずここであきらめて戻りました。
夕焼けの瀬戸の風景:ちょうどこの時どこかのテレビ局
撮影で来ていましたがやはり見えるかどうか心配そうでした。
s_DSC_0196.jpg

朝の瀬戸内海鷲羽山のすぐ下と向かいの島の間は狭いので
潮が渦を巻いて流れています、そこを一隻の漁船が流されながら通過していきました。
s_DSC_0229.jpg

朝もやの中にうっすらと見えるのが坂出コンビナート
この前は別なホテルから讃岐富士が見たのですが今回は見えませんでした。
この海がはっきりと見えるのは1年に数回しかないそうです。
s_DSC_0224.jpg

瀬戸大橋を通過する寝台特急サンライズ瀬戸
たまたまお会いした地元の方がもう少ししたら特急電車が通過するよと
教えてくれたので携帯で時間を確認したら岡山発6:31分発なので少し待っていました
6:59分にやってきましたのでパチリ、パチリと、橋の下段を通過していきました。
其のあとお話しして下さった方がホテルまで送ってくださいました。
ありがとうございました。
s_DSC_0234.jpg
この同窓会も今年が最後で来年からは希望者だけでと決まり
予定も来年5月第3週目の月曜日、場所は未定、でも自分は体さへ
元気なら必ず出席する予定です。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

旅の記録:福山城 

連休前の4月23日から岡山方面に喜寿の同窓会で出かけました。
福山で横浜からの妹と待ち合わせ、駅ビルの食堂で昼食を済ませた
後次の予定までは時間があるので、我が奥方と、妹が初めての
福山でしたので、JRの駅から一番近いお城福山城を見に行きました。
福山駅北口を出てわずか30メートルでお城入り口です。

福山駅北口からわずか緩やかな坂道を上ると右に
新幹線上りホームから見える伏見櫓の石垣が見えます。
この石垣を見て自分の棚田の石垣と比較しましたが
どこのお城も石の大きさが大体そ揃っているようですね。
きれいな石垣でした。
s_DSC_0066.jpg

山陽新幹線福山駅上り線から見える福山城の入り口にある伏見櫓
ホームからが一番良く見えます。
s_DSC_0062.jpg

お城の公園内はちょうど八重桜が満開でした。
日曜日と言うこともあってたくさんの来場者が八重桜の下で記念写真を
撮る姿がありました。
s_DSC_0067.jpg

満開の花弁も日に映えてとても綺麗でした。
s_DSC_0068.jpg

筋鉄御門、入母屋造り、本瓦葺、脇付戸、櫓門
福山城の正門
s_DSC_0073.jpg

福山城天守閣、五層、六階地下一階、別に二層
三階の付櫓をもつ、現在は福山城博物館として歴代藩主などの
資料等が展示されています。また最上階は東西南北が見れる展望台でも
あります。自分もこの展望から北方向を見てあの山の向こうに自分が
努めていた会社の工場があったのだと確認しました。
s_DSC_0077.jpg

福山散策後山陽本線で次の目的地へ、福山から3つ目里庄へ
そこで昔お世話になった方に逢いに行きそれから親戚のお墓参りを
済ませ浅口市寄島町へ、今夜はここで瀬戸の味を楽しむ目的でした。
予約の時間まで昔をたどり近くの島へ、三郎島今は埋め立てられて陸続き
ですがその島の南にある三つ山を見に行きました。
陸からわづか50メートルに、高さ10m長さ15m相互に約6mの間隔をおいて
規則正しくならんでいます。
s_DSC_0090.jpg

この田舎にいたのは昭和20年代でした、その後予約
してある、お店に、この田舎では一番の懐石料理のお店銀座、
地元でとれる魚や、山菜、野菜など、新鮮な材料が売りの
食事処、2年に一回ですが必ず立寄るお店です、この夜は瀬戸の
鯛料理から、お刺身、兜の塩味、赤貝の刺身等、特に鯛が
九州よりやわらかく甘く感じました。
s_DSC_0106.jpg
今日の本命はシャコ、皆さんにぎり寿司で食べるるときは
きれいに皮も、しっぽついていませんが、これがシャコの原形です。
この夜は予約時に特別にお願いをして用意してもらいました。
久しぶりに沢山食べて満足、またお店の方には我々の為に皮を
一匹ずつむいて下さいましてありがとうございました。
鹿児島でもこのシャコが食べられればいいのですがね。
s_DSC_0107.jpg
2年ぶりに福山、と自分の育った里庄、寄島
まだ昔と変わらない部分もありますが、昔松茸が取れた山も今は
荒れてまったく取れなくなっているようです。自分が成人して
東京に行くまでは毎年松茸を取って食べていたので、東京で
松茸の値段を見てびっくりした思い出があります。また次回は
違った場所にも行きたいですね。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

初夏の花見ごろ 

5月4日自分は砂の祭典、奥方はお友達と霧島方面に行って
霧島市牧園にある和気神社の藤の花を見てきたそうです。
そんな写真を見たのでここにアップしてみました。

咲き乱れている藤の花きれいですね。
種類はたぶん九尺藤では?
s_CIMG0843.jpg

色違いの藤の花白
種類は白藤花?
s_CIMG0844.jpg

紫色の八重がきれいです。
種類は八重藤?
s_CIMG0848.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

吹上浜・砂の祭典 

30回記念と言うことで2日目でしたが、前宣伝が良かったのか
多くの来場者でびっくりしました。
鹿児島に住みついて12年毎年初日に行くのですが今年は
都合で2日目でしたが、駐車場に入る前から車が渋滞したのは
初めてでした、家を出て途中小雨でしたが着いたらお天気も回復
し曇り空でしたが楽しんできました。

メインステージ:大勢のお客さんでにぎあっています。
s_DSC_0327_2.jpg
砂像名:アラジンと魔法のランプ
s_DSC_0317.jpg
砂像の看板
s_DSC_0318_1.jpg
砂像名:不思議の国のアリス
s_DSC_0319_1.jpg
砂像の看板
s_DSC_0321.jpg

砂像名:白鳥の湖とチャイコフスキー
s_DSC_0326.jpg
砂像の正面以外にも細かく彫刻されています。
s_DSC_0340.jpg

砂像の看板
s_DSC_0324.jpg

砂像名:ジャックと豆の木
s_DSC_0329_1.jpg

砂像の看板
s_DSC_0328.jpg

砂像名:西部劇タイムトラベル
s_DSC_0330.jpg

砂像の看板
s_DSC_0331.jpg
今回の感想としてまず開催前に雨が降らなかったこと、
来場者が多かったこと、作品の数量は少し物足りない感じ(個人的に)
又来年も元気であれば行きたいですね。

category: 地域のイベント

cm 0   tb --   page top

立夏:自然の味覚 

連休も後2日、自遊人はお天気の間にしかできない草払いで
過ごしています。今日も山裾の排水溝の整理などで一日が
過ぎました。一日の作業が終わってから気になっていた
野イチゴを見に行きました。少しですが赤い実がなっていました
ので少しですが採取してみました。

雑草の中に赤く実った野イチゴがありました
花の写真を4月24日にアップしてから2週間目です。
s_DSC_0341.jpg

形や大きさは不揃いですが採取してみました。
すでにアリに食べられたものもありました。
s_DSC_0353.jpg

野イチゴ採取の後イチゴ畑が気になり、
カラスに食べられる前に今夜のレザート分を採取、
形は良くないですが甘味は十分、毎日これくらい収穫です。
s_DSC_0356.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

初夏の花Ⅱ 

あっと言う間に5月、周りの山も茶色から若葉が目立ち初夏を感じています。
又初夏の花も色とりどりに楽しませてくれています。

初夏の花NO1:庭に咲く石斛、ウオームホワイトのかわいい花です。
s_DSC_0048.jpg

初夏の花NO2:エビネ・野生ランの一種ですが、ここに引っ越しって来た時から
庭の雑草の中に咲いています。しかしあまり手入れをしてないので
少なくなりましたが今年も少し咲いています。
s_DSC_0049.jpg

春の花NO3:岩躑躅(三つ葉つつじ)昨年は花がほとんど咲かなかったので
今年は、早めに周りにある大きな 木の枝を選定して日当たりを良くして
花が咲くのを待ちました、やっとつぼみも膨らみ咲くのが楽しみでした。
4月22日の感じです。
s_DSC_0058.jpg

岩躑躅が満開になりました、23日から岡山方面に同窓会
の為旅行して26日戻って見るとわずか3日で見事に咲きました。
花が着かないで葉っぱだけの枝もありますが良く咲きました。
s_DSC_0253.jpg

花弁がきれいです、匂いも甘くアゲハ蝶が忙しく蜜を求めて
飛び交っています。
s_DSC_0257.jpg

初夏の花NO4:イッペ(イッペイ)の花が満開、我が家の棚田の
アジサイ畑に黄色の花を咲かせています。わずか5年くらいで背丈も伸びて
下の道路からも良く見えます。
色は地域によってピンク、白などがあるようですが、この辺では黄色しか
確認できません、そのうち色違いの苗がほしいです。
s_DSC_0265.jpg
和名はブラジルで呼ばれているイペからきているそうで、またこの
花はブラジルの国花でもあるそうです。

初夏の花:NO5つつじ、庭に咲くつつじ名前はわかりませんが白色、ピンク
花弁が白と赤の2色のものなどが満開です。
s_DSC_0252.jpg

つつじの花と蝶、満開の花にアゲハチョウがたくさん集まってきますよほど
美味しい蜜があるのでしょうね。特に赤色系の花に集まります。
s_DSC_0269.jpg
まだほかにも色々と変わった花がありますが名前がわからず眺めるだけだけです。

サワーポメロの花:昨年はたくさんの実をつけたみかんの木に
今年も今白い花が咲き始めました。少し少ないようですが今年は
どれくらい着実するのかな?
s_DSC_0346.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

初夏の花 

4月もあっと言う間に3分の2を過ぎますがお天気が続きません。
その合間に消化できなかった野菜の処分をして、夏野菜を植える
準備がやっと終わりました。今日も朝から雨で少し肌寒く感じます。
住まいの周りには春の花が終わり、初夏の花が色々咲き始めました。

処分できなかった野菜の処分大根、水菜
シュンギク、ブロッコリ、カリフラワー等々この運搬車でなんと
3台分ありました、すべて田んぼに運び小さく裁断して稲の
肥料になるようにばらまいておしまい。
s_DSC_0002.jpg

庭に咲くうんべの花ウオームホワイトのきれいな花です
毎年沢山の花が咲くのですが自然受粉なので着実は少ないですが
今年はどうでしょうか?
s_DSC_0013.jpg

うんべの雄花、花弁は3枚の大きい花弁と細い花弁3枚で
中に突起のあるのがわかります。
s_DSC_0019.jpg

うんべの雌花、花弁の形は雄花と同じですが中にある雌蕊は
3本の芯があります。
s_DSC_0021.jpg

雄花と、雌花を外から見分けが出来ました、良く注意してみると
花の大きさが違うことに気づきました、雄花の方が小さく、雌花の方が
一段と大きいことがわかりました、それと弦先に雄花は雄花ばかりで
雌花は雌花ばかりが咲いていることでした。左が雄花、右が雌花
s_DSC_0022.jpg

今年も咲きました畑の脇にあるグミの木には今白い花が
満開ですラッパ型の可愛い花です。小さな蜂や蝶などが忙しく動き回っています。
s_DSC_1416.jpg

可愛い花です、甘い香りが虫たちを呼んでいるのかもしれませんね。
s_DSC_0026.jpg

同じ畑の脇にはブルーベリーもたくさんの花が咲き始めました。
s_DSC_0007.jpg

昨年はこの1本の木からたくさん収穫できましたが
今年はどうでしょうか?楽しみです。
s_DSC_0008.jpg

秋の花リンドウが石崖の間に今年も新芽が顔をだしました、
庭の芝生の中にも鉢植えの種が飛んで沢山出ています、
もちろん棚田の休耕田の土手にもたくさんありますよ。
もし苗が必要であれば取りに来て下さい。生息場所に
ご案内します。
s_DSC_0025.jpg

庭のさつきや、つつじも少しづつ赤や、白などが咲き始め
初夏を感じています、5月になれば田植えに向けての準備で追われそうです。

category: 自然

cm 0   tb --   page top

最後の交通安全教室 

昨日校区の小学校での交通安全教室があり、学校ボランティアも参加でした。
最近色々と事件事故のニュースがありますが、見守り隊として何とか子供たちが
安全に過ごせるか責任を感じます。
今日も通学途中に車が突っ込む事件がニュースで報道されました。
自分もこの田舎に来て見守り活動をしていますがこれまでは、おかげで事故も
なく来れました。この学校も最後ですが、何とか事故のないことを願って
これからも見守り活動を頑張りたいと思います。

当日はあいにくの雨で体育館の中での実施となりました。
仮説の信号機を用意しました。
s_DSC_0031.jpg

校長先生からの開会の言葉を聴く生徒たち。
大切な命は自分で守りましょう、そのためにはきちんとルールを
守ることが大切ですとのお話でした。
s_DSC_0032.jpg

日置警察署の警察官の方から全員に歩行、自転車
も含めての注意などの説明がありました、信号が青でも右折や、左折で
自動車が来るので左、右を良く確認して下さいとのお話でした。
s_DSC_0033_1.jpg
新1年生二人が教わったことを守りながら右を見て左を見て
手を挙げてわたる練習ですが2回繰り返し何とか出来ました。
s_DSC_0036.jpg

歩行練習の後自転車での交差点での注意と体験
歩道は降りて押して渡る事、自転車も左右の確認をすること等。
s_DSC_0038.jpg

安全教室最後はやっと自転車で一般道路走行
が許された4年生3人にヘルメットの贈呈式がありました。
s_DSC_0043.jpg

いくら我々が守っても飲酒や、信号無視、等運転する側が
ルールを守らないと事故は無くならないでしょう、自分は車のナビに
学校の近くになると、近くに学校がありますとアナウンスが流れるように
セットして、アナウンスが流れると了解と言い聞かせて運転しています。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。