FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

田舎暮らしを始めて、早6年。豊かな自然の中で起きる日々の出来事や、様々な趣味をアップして見ました。どうぞご覧ください。

春の花:自然の恵み 

平成も今日1日となりました、久しぶりの記事アップです。
何かと忙しく春の様子アップが初夏となりました。
そんな中自遊人もおかげでなんとか50年目の結婚記念を
(4月29日)迎えることが出来ました。
又、舎暮らしも5月9日で15年目になります、これからも
自然の中で頑張って行きたいと思います。
元号が変わって本当に良かったと言う時代を期待します。

野道の石垣下に今年も野イチゴが白い花を咲かせていました。すでに実が着いています、採取が楽しみ。</span>s_DSC_0671.jpg(3月13日)

花が咲いて5週目赤い可愛い実が少しですが採取、畑のイチゴよりは
 小さいですが甘くて美味しいです。
s_DSC_0765.jpg

畑のイチゴと一緒に採取してみました
s_DSC_0773.jpg

3月21日から22日の連チャンゴルフの為出かけてきました。
19日羽田から京急で横浜に行き墓参りを済ませ20日新幹線こだま、東海道線経由で
夕刻沼津に入りました。富士山が見たくて駅前からタクシーで良く見える場所へ案内してもらい
とりあえず見てきました、気温が高いと春先はなかなかすっきり見える日は少ないそうです。
s_DSC_0692_1.jpg
翌日21日函南ゴルフクラブから富士山を見ながらのゴルフを楽しみに行ったのですが
あいにく最初は曇り途中から雨と霧で前も見えないのでハーフで切り上げ、
翌日22日は伊豆大仁カントリー倶楽部お天気は最高でしたがやはりお天気が良すぎて
富士山も天城山も見えませんでした本来ならこの練習グリーンの正面に見えるとのことですが
何も見えませんでしたが最高の天気の中楽しんで来ました。
s_DSC_0695.jpg

我が家の庭木で名前が長年わからなかったのですがやっとわかりました。
名前は馬酔木(アセビ)葉っぱには毒があるそうですが花は白くてとても可愛いです
形状はブルーベリーの花によく似ています。咲いている期間も長いです。2週間くらい。
s_DSC_0713.jpg

この馬酔木の花の蜜をすいに来る鳥がいました昼食の時窓越しに何気なく
眺めていた時風もないのに枝が揺れるので繁みの中を良く見るといたずら者のヒヨドリが
小さな花弁の下から嘴を入れて次々蜜を吸っていました花には毒がないのでしょうね。
s_DSC_0707.jpg

春の自然の恵み:ワラビ近くの休耕畑に毎年沢山のワラビが出ます。
この畑からたくさん採取させて頂いています。こんな雑草の中に沢山出ています。
s_DSC_0724_1.jpg

採取したワラビわずかな時間でこれは自家用分後は別にお友達ように
その後も友人達が採取に来ては喜んでいます、こうして自然の恵みが田舎暮らしの特典かも?
s_DSC_0715.jpg

初夏の花:ツツジ我が家の庭に咲くつつじ今年も綺麗に咲きました。
これは名前がわかりませんが満開になりました。
s_DSC_0756.jpg

初夏の花:ツツジ霧島ツツジ鮮やかな赤色で可愛い花弁をいっぱいに
楽しませてくれます。
s_DSC_0754.jpg

初夏の花:グミ、畑の脇に3本あるグミの木に今年も沢山の花を咲かせています。
釣鐘型の白い花です、昨年暮れから暖かい日が続き落葉が遅くどうかと思いましたが
枝の剪定をしたので、新芽もきれいです。沢山実がなるのが楽しみです。
s_DSC_0736_1.jpg

少し拡大してみた花、もうすでに形になっているのもあります・
s_DSC_0738.jpg

初夏の花:うんべ(うべ)今年も変わらず沢山の花が咲きました。
秋には又沢山の実がなるでしょう。終戦後の何もない時は唯一のおやつ変わりだった見たいです。
s_DSC_0740_1.jpg

色づき始めたビワ:我が家では裏の空き地に3本のビワの木があります、
毎年沢山の実をつけるのですが今年は色々と工夫してみました、1月から2月にッかけて
花が咲いた後、届くところだけまず摘花して、見ましたすると実が着き始めると
いつもより大きめの実が着き始めました、それから今度はその実を又摘果してみました
昨年より大きめの実が今はなりました。
s_DSC_0761.jpg

手つかずで伸び放題だったこの木も暮れに選定して全体に陽があたるようにしてみたら
特に日当たりの良い枝の先には色が着き始めました。早く採取できればと楽しみです。
s_DSC_0767_1.jpg

今年もそら豆の収穫が近づきました。3月20日頃一斉に花が咲き始めました
とてもきれいな花です、白と紫。
s_DSC_0721_1.jpg

花が咲き実がなり始めたころ無駄な枝芽掻きをしていると葉っぱが少し虫の食べた
後があるのでよく見るとなんとチャクトガ(毛虫)がいましたこれにやられると大変、早く気が付いたので
ピンセットで一匹ずつ退治この日は20匹、大きいのは5cmほどありました。
s_DSC_0729_1.jpg

今年は例年よりこまめに管理してます。週2回無駄な枝芽をを掻きとるのとアブラムシの管理、
120本を管理するのも結構疲れます、たまに疲れをいやしてくれることも、ちょっと一息
この日は穏やかな日和の中一枚の葉っぱでアマガエルが日向ぼっこ可愛い触っても知らんふり。
s_IMG_20190323_143352.jpg

収穫を待つそら豆です、とても良く育ち大きな鞘は25cmくらいまでになって
早く取ってと言わんばかり連休明けの天気を見て収穫予定、孫たちが待っているので
自分達の口に入るのがあればいいですがね。毎年5キロずつ7ヶ所に送るので今年も
同じ量の収穫を期待しています。
s_DSC_0766.jpg
平成最後の記事アップとなりましたが明日から令和又色々とアップしたいと思います。
天災は神に祈り、事件や事故は一人一人が気を付けて楽しく平和で過ごせることを期待しましょう。
スポンサーサイト



category: 日々

cm 0   tb --   page top

一足早い春の花 

2月も後6日、あっと言う間に2月も終わりそう。
今日も又雨外気温は現在11℃ですが少し肌寒く感じます
我が家の庭には1ヶ月以上早く咲き始めた花があります。

先日,何気なく庭を眺めていたら何か色が着いた枝を
見つけよく見ると三つ葉ツツジの若い枝に赤紫色のつぼみを見つけました。
s_DSC_0643.jpg

3日目2月21日にはあっと言う間に花が開きました、昨年は同じ枝ですが
3月の初めでした、三つ葉つつじは、花が先で後から葉っぱ出てきます。
s_DSC_0647.jpg

これが本来の状態なのになぜか親木の脇から出た細い若い枝だけに
花が咲きました。
s_DSC_0649.jpg

畑には野菜が早くも花を咲かせています。
ブロッコリーも次々と黄色の花になってきましたがまだ少しは新しく出た芽もあるので
もうしばらくは食べれそう、
s_DSC_0645.jpg
今年は暖かいのでこれから畑の草取りが大変そうな感じ
そろそろ田んぼの準備もしなければ、忙しくなりそう?

category: 自然

cm 0   tb --   page top

琥珀色の蜜柑:サワーポメロの収穫 

平成も日々残り少なりました、2月も半分を過ぎようとしています。
先日10日何時ものご近所の畑でサワーポメロの収穫をしました
わずか2本の木ですが沢山収穫できました。

持ち主さんのお孫さんも一緒にみかん捥ぎ開始
幸いお天気も良く気温も上がり暖かく子供達も嬉しそうです。
s_IMG_20190210_094554.jpg

たった2本の木ですが沢山収穫ができました、持ち主さんは
一輪車に一杯、もう一軒も同じく、我が家はこの運搬車一台と
収穫かご2杯キロ数はわかりませんが大量です。
s_DSC_0606.jpg

遠くから見るとわかりませんが、5月に開花、着実して9ヶ月あまり
経つので、降灰などで汚れているのがありますがこれを1個ずつ綺麗にします。
s_DSC_0609.jpg

運搬車1台と収穫かご一杯分をすべて綺麗に洗うとこんなに綺麗になりました
いかにも美味しそうに見えます。
s_DSC_0610.jpg

我が家でも1本あるのですが寂しいので先日2月6日に
2本の苗木を植えました、何時になったら沢山出来るかな、楽しみに育てます。
s_DSC_0616_0.jpg
自分はほぼ毎晩夕食後に1個食べています、ビタミン補給に
なっているかな!!

category: 日々

cm 0   tb --   page top

あっと言う間に1月が終わりました 

あっと言う間に1月も最後となりました、今日久しぶりに午前中は小雨
午後短時間ですが強風と激しい雨が降りました、気温は13℃で比較的暖かいです。
先週は約1週間がかりで竹藪の整理、今日はこんなお天気で外での作業も
できないので1月の日々を少しアップします。

12月初旬にイチゴの苗を少し植えてみました、我が家には農業用ハウスがないので
簡単なビニールのハウスの代わりで育てていますが、12月半ばを過ぎたころから花が咲き始め
少しだけ色づき始めました。
s_DSC_0229_0.jpg

少しですが色付き始めた株もありました、無駄な花を
摘果して熟すのを楽しみに
s_DSC_0228_0.jpg

わずかですが1月1日収穫してみました、甘くて美味しいのが出来ました。
その後も少しずつ収穫出来ています。
s_DSC_0282.jpg

シイタケの収穫、秋口には一度に沢山出たのですがその後雨が少なく中々
出なかったのですが12月25日ごろ少し顔を出し始めました、20mくらい
s_DSC_0268_0.jpg

いつもなら雨が降ると1日2日で何倍もの大きさになるのですが約2週間で
やっと5cmくらいになったので今年初収穫、今は時々水をかけていますと
小さな顔を沢山のぞかせています。
s_DSC_0356_0.jpg

今年シイタケの初収穫あまり大きくなる前の開く前に採取した方が
柔らかくて美味しいです、尚今時期は乾燥しているので特に早い方が美味しいです。
s_DSC_0365.jpg

今年最初のスーパー満月が1月21日見れました、それまでは昼間は晴れているのに
夜になると曇りでほとんど月が見えなかったのにこの夜は最高でした。PM19:50分
暗闇にいつもより大きく見えました。
s_DSC_0533_1.jpg

わずか数分で雲が月の周りにかかり始めました。
s_DSC_0478.jpg

その後も色々な雲の流れの中に月は見えますがこのときはなんだか月が
動いてるかのような感じに見えます、夜は寒いですがこの時だけは寒さを感じません。
s_DSC_0505_0.jpg

琥珀色のみかん、サワーポメロが今年初めて入手出来ました。
少し傷があったり形が不揃いのものを、お安く譲ってもらいました
傷と言っても皮の部分が少しで味は変わりません。
s_DSC_0599.jpg

早速皮をむき味見してみましたがとても美味しかったです。
孫達にも送ったのですが同じようにいつもより美味しかったとの報告がありました
s_DSC_0595.jpg
我が家のサワーポメロはまだ収穫していません2月に入ってから収穫の予定です。
昨年花はいっぱい咲いたのですが着実したのはわずか10個ほどです。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

抽選でもらった真鯛 

1月も3分の2が過ぎました、北海道等では大雪のニュースが続いていますが。
おかげでこちらは比較的穏やかな天気が続いています。
先日1月19日鹿児島ストックオークの会主催の長島すいせんオークに奥方が
知人と参加して抽選会で真鯛を当てお土産に持って帰ってきました。
この会で鯛を当てたのは2回目くじ運があるのでしょうか。

頭から尾の先まで42cmありました重さは計りませんでしたが
かなり重く感じました。
鯛をさばくのは初めてで、きれない包丁でやっと、その夜はお刺身で美味しく頂きました。
後は煮物で、今日のお昼に食べておしまい。
s_DSC_0442.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

恒例の 

2019年1月6日、となりの集落で恒例の鬼火焚きがありました。
何時もと同じで特に変わった行事ではありませんがやはり
近くなので我が家の門松や、しめ飾りなどを一緒に燃やして
厄払いしてもらってありがたいです。
これで今年も豊作で、自分達も元気な1年が送れそうです。

当日最初の天気予報では雨マークもあったのですが
一日穏やかな天気でした。年末30日に準備された竹を取材にした櫓
その裾にはお正月に飾った門松やしめ飾りが置かれています。
PM17:15分バックには矢筈岳が見えます。
s_DSC_0331_0.jpg

PM18:00分:年男のSTさんが今年の点火火種も良く乾燥していたので簡単に着火出来ました。
s_DSC_0334.jpg

18:10分点火後わずかで櫓の最先端まで火が燃え上がりました。
s_DSC_0338.jpg

燃え上がってから約15分餅焼き出来るくらいの燃え方になりました。
s_DSC_0343.jpg

いよいよ餅焼きの準備が始まりました。弱火になった所に
竹の先に餅をはさみ焦げないようにかざして焼けるのを待ちます。
s_DSC_0345.jpg

それぞれが持ち寄ったお餅をこんな感じで焼けるのを待ちました。
自分も暮れに自分でついた切り餅を持参焼いて食べました。
s_DSC_0350.jpg

田舎ならではの行事が出来るのも何時まで、この日吉でもこの行事
をする集落も少なくなってきています、問題は場所、準備する人等々
燃えるのはあっと言う間ですが準備は大変ですからね。
何時までもこんな行事は残していきたいです。

category: 地域のイベント

cm 0   tb --   page top

2019年早1週間を過ぎました 

新年も早1週間を過ぎ、今日はそれぞれの学校では3学期の始業式
学校ボランティアの自分も朝の見守りに行ってきました。
何時もと同じ中学生、小学生が元気に横断歩道を渡っていきました。
さて新年早々に日食が見れました。
自分は朝起きて今日と知りあわてました、とりあえず何回かシャッターを
フイルターがないので肉眼では欠けているのが見えるのですがモニターで
見ると逆光反射でダメでした。

AM8時45分少し上の方が欠けて見えるのですが
写真で見るとほとんどわかりませんでした。
s_DSC_0315.jpg

これは知人のT、さんが撮影した写真を採用させてもらいました。
AM9:47分かなり欠け始めていますね、彼もフイルターをつけたのですが
フイルターの色が合わず少し太陽が白く見えます。

s_DSCN5937.jpg
AM10:21分鹿児島から見える最大に欠けた様子これは
フイルターの色を変えたので色も綺麗です。
s_DSCN5974.jpg

AM10:52分太陽がもとに戻る寸前、ちょうど自分が最初に見た時と同じ感じです。
s_DSCN6002.jpg

AM11::00分太陽が最初と同じ形に戻りこの日の日食は終わりました。
s_DSCN6032.jpg
今度は12月26日に挑戦それまでには日食用のフイルターを作って
用意しておきます。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

新年あけましておめでとう:2019年初日 

新年あけましておめでとうございます。
昨年は各地で自然災害で大変でしたが今年は穏やかな一年を
期待します。
さて19年1月元旦恒例の矢筈岳初日登山がありました、あいにく
予報どうり曇りだったので私は不参加、何時もなら我が家の庭からの
初日も良かったのですが今回は低い位置からは無理でした。
参加した奥さんが撮影した写真をアップしました。
AM7:19分桜島南東の上空雲の中に少し顔を出し始めました。
s_CIMG0883.jpg

AM:22分雲の間に初日が丸く見えた様子お天気が良ければ桜島も
よく見たのですが今回はダメでした。又来年に期待して
s_CIMG0888.jpg
来年はお天気と体調が良ければ自分も行きますが歳も歳ですから?

category: 日々

cm 0   tb --   page top

今年も後3日:餅つき終わり 

今日はこちら日置でも久しぶりの寒波、朝から4℃昼間あられも少し降る
寒い一日でした。我が家では杵での餅つき2回目を先日25日
無事終わりました。今年は蒸し方、火の燃し方等先輩に教わり
昨年より上手に突けました。80近い私には結構重労働でした。

釜土に火種を準備、5升のもち米を2段のせいろに
入れて蒸し上がるのを待ちました。
s_DSC_0247.jpg

蒸し初めて約1時間餅つき開始年寄りには重労働ですが
挑戦しました。昨年は応援があったのですが今年は男は自分ひとり。
考えました、今年は杵を高く上に挙げ、杵の重みを利用したら以外に
楽で気にしていた腰の痛みもなし1時間ほどで完了。
s_DSC_0256.jpg

応援者のご婦人も挑戦しましたが杵が重くてこれより高く
上えには挙げられませんでした。
s_DSC_0261.jpg

全て付き終わってちょうどお昼になったので残り火で
突きたてのあんこ餅を焼いて昼食の代わりに食べました、
重労働の後程よい甘さが疲れを忘れさせてくれました。
s_DSC_0266.jpg
自遊人も年が明ければ78才何時まで餅つきが出来るかな!!
出来るうちは挑戦あるのみ。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

今年も後4日:門松完成 

平成30年も後4日となりました、今日は大雪のニュースがあちらこちらでありました。
こちらも夜になって少し冷えてきましたがマイナスまではならないでしょう。
でも北部ではわかりませんね。
今年も頑張って門松を作りました、何時もより小型で簡単なものです。
竹を切り出すのが大変なので、本体は藁の菰を巻いて済ませました。

何時も大変な作業、竹の斜めカットです
一人での作業なので竹を工作用のクリップで固定してカットしました。
s_DSC_0236.jpg

今回は例年よりコンパクトなサイズにしましたので中に入れる
砂もいつもなら運搬車で3台でしたが今回は2台で済ました。
s_DSC_0237_1.jpg

竹は今回唐竹を使用、松はご近所の枝を少し拝借
梅はまだないので何時もと同じくボケの花を使用していました。
s_DSC_0242.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

今年は野菜が立派に出来ました 

田舎暮らしも13年目が終わろうとしています、今まで色々と
野菜作りをして来ましたが、特に白菜やキャベツは虫に
食べられて大変でしたがなぜか今年は最高の出来栄えです。
外葉は少し夜盗虫が食べた後はありますが中は全く問題なし。

先日夜の鍋料理ように白菜とシュンギクを
取り込みました、
s_DSC_0198jpg

あまりにも重いのでいくら重量があるか計りに乗せました
なんと5キロ、中も良くつまりそのまま少し味見してみましたが甘くておいしかったです。
すでに子供たちにも送っていたのでこれなら良かったかな。
我が家では薬剤は使用してないので安心して孫たちに送れます。
s_DSC_0203.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

4年目のツグミ飛来 

2018年も後数日となりました、ここ数日は比較的穏やかな天気
でも明日はまた雨予報、我が家では毎年10月の終わりから
11月初めになると1羽のツグミが来るのですが今年はなかなか
来ないのであきらめていたのですがやっときました。

いつ来ても良いように庭の芝生の上には好物のパンを
小さく切ってバードテーブルに入れて朝何時も通りの合図で声かけ
来ました、美味しそうに周りを警戒しながらですが食べては向かいの
竹藪に戻ります。過去にも4年で5年目は来ませんでしたがこの子は
何時まで来るのかな””
s_DS_0222_1.jpg

category: 自然

cm 0   tb --   page top

今年も後残りわずか:季節外れの花 

今年も後2週間12月に入ってから雨ばかり、
昨日は初霜がおりましたが久しぶりの暖かい一日でしたが
今日は又朝から雨が降り始めました。
久しぶりにお米の収穫後の棚田の周辺の季節の花などを久しぶりに
アップします。

棚田の花畑に今年もふようの花が満開になりました。
挿し木の苗を植えて6年背丈も3m以上に伸びて見ごたえがあります。
s_DSC_0073_1.jpg
アマガエルの日向ぼっこ、11月も半ばの暖かい朝うんべを眺めて
いたときうんべの葉っぱで1匹のアマガエルが気持ちよさそうに日向ぼっこをしている姿が
ありました、よほど気持ちよいのか触っても知らん顔。
s_DSC_0110.jpg
今年は異常なことが色々夏にも雨が少なくアマガエルの鳴き声もほとんど
聴くこともありませんでした。
庭に咲くリンドウ、我が家の庭には鉢植えの種から自然に
繁殖したのが濃い紫の花が朝日が差し始めると開き夕方には又しぼみで
毎日楽しませてくれています。12月今もまだ咲いています。
s_DSC_080.jpg

うんべ(うべ)今年はたくさん実をつけました。
決して美味しいものでもありませんが、この地方でもご年配の方達は
今は懐かしい食べ物のようです。
s_DSC_0113.jpg

うんべの中身、小さな種がびっしりその周りをジェリー状の蜜が
たっぷりと、先日MBC鹿児島放送のテレビの番組で放送のあった
昭和の故里でどこかの学校でうんべ給食と言う映像が流れていましたが
終戦後の食べ物がなかった頃は自然の恵みだったのでしょうね
うちに来られる方達も懐かしがってもっていかれますがとても食べきれません。
後はヒヨドリが毎日食べています。
s_DSC_0134.jpg

恒例の干し柿づくり、今年は我が家の周りの柿はほとんど不作
渋柿も甘柿もでもほんの少しだけ山裾の渋柿がありました。
s_DSC_0126.jpg

収穫出来た渋柿この木からわずかですが120個収穫できました。
s_DSC_0129.jpg

皮をむき殺菌処理を済ませ何時ものように納屋の軒下に干しました。
いつもならこの倍ですがとりあえづ干しました。
s_DSC_0137.jpg

干すこと10日やっと美味しい干し柿が完成しました1個味見して
後は冷凍保存、早速孫に送りました。
s_DSC_0189.jpg

山裾に咲くツワブキの花:今は山裾にツワの花が咲き乱れています。
蕗は薹(花芽)を食べてそれから茎を食べますが、ツワは新芽の茎しか食べれませんが、
これも自然の山菜かもしれません。
s_DSC_0125_1.jpg

棚田の花畑に今年久しぶりに皇帝ヒマワリの苗を2本
植えました、背丈も2m以上に伸びて黄色の可愛い花を咲が12月の今も咲いています。
s_DSC_0122.jpg

季節はづれの花:お隣の畑に今季節はづれの紫陽花が咲いとぃます。
他の枝はすでに来年に向けての新芽が着いているのになぜか
この2本だけにとても可愛いですよ。
s_DSC_0142.jpg

紫陽花の種類はわかりませんが白色の中に少し紫いろが混じって
きれいです。
s_DSC_0147.jpg

自遊人の私は毎日夜になると寝るまで夜空を見るのが日課です。
最近は好きな夜空になかなか出くわしません、12月も今年最後の満月を
見たかったのですが残念ながら見れませんでしたが11月は23日暗闇の中に
綺麗に見えました。
s_DSC_0140.jpg
平成最後の今年各地での災害を含め色々と何か異変です。
季節外れの花が咲いたり、何時もならこの田舎で見れる小鳥達もなかなか
姿を見せません、モズ、ジョウビタキ、セキレイ、メジロなどです。
毎年我が家の庭ではツグミがやってきますがやっと最近朝にはパンを食にきます、それから
又裏の棚田や、竹藪に、それも周りを見てもごくわずかです。
いるのはいたずら者のヒヨドリと、カラスです。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

稲刈り後の田んぼで藁燃し 

稲刈り後の田んぼで恒例の藁燃し、本来ならばこの藁を機械で粉砕して
自然肥料にするのが一番ですが機械もないので仕方なくこんな方法で
処理をしています。これも又この風景を楽しみたい人もいるのでと思い
恒例化しています。

周りが山なので、燃やす時安全の為に山裾から
出来るだけ離れた場所に集め準備を完了。
s_DSC_0086.jpg

10月23日こんな田舎の風景の写真を撮りたい方がいるので
連絡して夕刻16時30分に着火一度には燃せませんので少しずつ着火。
s_DSC_0099_0.jpg

良く乾燥しているのであっと言う間に、一番気になったのは風向き
南風が吹くと山の方に火の粉が飛ぶのですが幸い今回は西風で何もない方へ
石崖の上に燃える風景がもう少し迫力にかけました。
s_DSC_0102.jpg

category: 棚田

cm 0   tb --   page top

今年も 後残り少なくなりました 

11月も3分の1が過ぎました。我が家の棚田の稲刈り、収穫も終わり一段落。
台風で少し倒れたりしましたが、電気柵のお蔭でイノシシ被害もなく昨年より
多くの収穫が出来ホッとしました。

植え付けから120日稲刈りを開始しかし水はけの悪い部分を
手刈りするのが大変でした、半日かかりでやっと機械で刈れるように準備。
s_DSC_0040.jpg

何時もながら時代遅れの機械での稲刈り開始コンバインなら1時間で
終わる作業ですが1日がかりの作業になりました。
s_DSC_0041.jpg

刈り取りに時間を要したのは台風で倒れた部分を棒で一列一列起こしなら
なので時間がかかりましたが、2枚の田んぼを2日半かけて刈り取りました。
s_DSC_0045.jpg

一人で刈り取り後の掛け干しが完了しました、後はお天気に任せて
自然乾燥を待つのみ。
s_DSC_0058_0.jpg

集落の田んぼでも掛干しにこだわり沢山の田んぼには昔ながらの
風景があります。最近では皆さん大型のコンバインと、乾燥機で済ませます。
s_DSC_0063.jpg

刈り取りから10日間晴天に恵まれ程よい感想となったので又一人での
脱穀作業の開始、これも20年以上前の脱穀機なのですが作業開始からすぐに
機械の部品脱穀に必要なベルトの劣化で近所の機械を借りての作業でした。
s_DSC_0066_0.jpg

機械の故障で時間が掛かりましたが何とか収穫が完了しました。
昨年はイノシシ被害でコンバイン袋(約30キロ入り)で14袋でしたが今年は18袋と半分
総量にすると約550キロくらいでしょうか過去最高となりました。
s_DSC_0068_0.jpg
収穫の写真では8袋ですが前日の10袋は写真を撮る時間もなく
そのまま米蔵冷蔵庫に収めてしまいました。
翌日早速精米所行き精米してあちらこちらに新米を送りました。
又来年も頑張ります。孫たちに毎月40キロ送りますのでこれだけでは追いつきません。

category: 棚田

cm 0   tb --   page top

シイタケの初収穫 

一週間以上秋晴れが続く毎日、やっと米の収穫も終わり一段落、
先日10月15日シイタケの原木を上部と下部を置き換えて見ました
その時数回ショックを与えて見たところ、4日過ぎたころ少し水でもかけようと
思い見ると、なんと一気に顔をのぞかせました。
最初は小指の爪くらいが3日もするとあっと言う間に食べころに、早速収穫
ナメクジ食べられる前に今回は人間の口に入りました。

気が付いたら一気にかをを出したシイタケの原木
一晩であっと言う間に大きくなぅていました。
s_DSC_0074.jpg

早速少しですが収穫してみました、取り立てを夕食の時
美味しく頂きました、これから次々と取れるので沢山取れたら冷凍保存で
色々と料理に使います。やはり取れたては匂いも味も最高””
s_DSC_0083.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

台風続きで困ってます。24号台風の爪痕 

今年は相次ぐ台風発生で稲刈り時期で困っています。
そんな中又25号が発生やっと24号の時降った雨で田んぼが
乾いたと思ったら又昨夜から雨でぬかるんで稲刈りが出来なくなりました。
でも幸い大した被害もなく通り過ぎてくれました。
25号の影響で今日は朝から曇り、夕方からは又雨が降り始めました、風も
少しですが南から時折強く吹いています。後は何事もなくとうり過ぎてくれることを
祈るのみ。

台風24号接近前の夜の景色27日21時30分
庭からの月夜
s_DSC_0023.jpg

27日 台風接近前の夕刻の集落の空模様
まだ見た限りでは大した感じではありません、唯少し黒い雲が多くなったかな
いつもならまだ太陽がさんさんとそんなはず。
s_DSC_0034.jpg

台風接近前の我が家の田んぼ稲穂もまだ何事もなく綺麗に穂先も垂れて
刈り取りを待っています。
s_DSC_0031_0.jpg

集落の棚田の稲も早く刈ってと言わんばかりです、でも同じく
まだ田んぼの渇きが悪く皆さん様子見、
s_DSC_0030.jpg

29日は午後3時には町内には避難準備の放送が、4時には避難勧告
の放送がありました、又30日の朝は3回のエリアメールを受信本当に心配でしたが、
午後には雨風も弱まり心配の田んぼを確認に行きましたところ
全部ではないのですが風と雨で稲が倒れました、でもまだ地面につくところまででは
無いので何とかなるかなそんな思いです。
s_DSC_0037_0.jpg

25号の結果で10月10日頃が我が家の稲刈りが出来そう
どうかそれまで次の台風が来ないことを神に祈るのみ、昨年はイノシシ被害、今年は
今のところ電気柵のお蔭か大丈夫そうです。

category: 棚田

cm 0   tb --   page top

田植から90日:稲穂が出そろいました・電気柵の取り付け 

久しぶりの記事アップ、相次ぐ台風でしたがお蔭でこちらは何の被害もないまま
関西や、北海道では災害続きでお気の毒としか言いようがありません。
我が家の棚田の稲も植え付けから6日で90日になりました、この夏は雨がなく
水が心配でしたが何とか持ちこたえ今穂が出そろいました。
おかげで台風では降らなかった雨が昨日、今日と久しぶりに雨らしい雨が降り
これで一安心後はイノシシの被害にあわないよう電気柵を取り付けました。

植え付けから90日目何とか穂先も重くなり何とかなりそう
これから台風さえ来なければ昨年よりは収穫量も楽しみ。
s_DSC_0155.jpg

製品・アポロ:Z-1500-ONE2段100mセット+延長用キットを使用
品物が来る前に電線を張る為の草払い斜面が多いので大変でした。
機械が届くまでに本体を収納するボックスの準備、
ホームセンターで小型の工具箱購入,改良作業、内部に板を取り付け、半透明の蓋には
通気用の開口部を雨が入らないよう、タッパの一片を切り抜き雨よけのカバーをつけて
ボックスは完了。
s_DSC_0138.jpg

ボックスの蓋は半透明のものを選びましたなぜなら夜間、昼夜の切り替えセンサーの
為です。
s_DSC_0139.jpg

完成したボックスに送電用の本体をセットしました。
s_DSC_0152.jpg

セットしたボックスの蓋を閉じた感じ、何とか様になりました。
たぶん少しくらいの雨は避けられそうです。
s_DSC_0151.jpg
最後に電気柵設置の看板を立ててすべて完了、電線も間隔をあけて上下通電の線結びも確認後
スイッチONで検電器で送電確認、後は役場の担当者が確認して終わりました。
おかげで市の補助金が経費の半額負担なので自己負担13,020円ですみました。
s_DSC_0150.jpg
本当にこの電気柵だけで安心できるのか、色々な人の話ではイノシシは
鼻先しか電気を感じないとか本当かどうか?良い情報があれば教えて下さい。

category: 棚田

cm 0   tb --   page top

久しぶりのスイカの収穫 

毎日各地での高温記録ニュースが報道されていますがこちら日置も
高温続きでさすがに参っています。
今年10年ぶりにスイカを育てました、植えたまま、何の手入れもしなかったのですが
たまたま見たらそれなりに育ったのを見つけました。
着実した日がわからないので何時収穫できるかもわからいで眺めていましたが
何とかとりあえず最初2個の収穫が出来ました。

雑草の中にきれいに育ったスイカ小玉なのですが
程よい大きさでした。
s_DSC_1277.jpg

スイカの収穫時期がわからないので近所のベテランに見てもらい
弦の先端が枯れた頃が収穫時期とのことで、それまで害獣対策などして
とりあえず2個収穫できました。スイカは割るまで中はわかりませんが
すぐに孫に送りました。
s_DSC_1283.jpg

届いたその夜孫から割った中身の写真が届きました、
想像より良く出来てたいました、味も甘くて良かった用です。
s_1532435947286.jpg

久しぶりで一番の心配はムジナ(アナグマ)でしたがホームセンターで
見つけた害獣よけの木タールのお蔭でだと思っています。
後3個が8月5日からくる東京の孫たちに合わせて収穫できるのを楽しみに。
s_DSC_0002_1.jpg


category: 日々

cm 0   tb --   page top

人物画像展に行ってきました 

今年も半分を過ぎました、自遊人も田植えも終わり一段落です。
今日から開催の人物画像展に行ってきました。
今NHKで放送中の西郷どん(せごどん)ドラマの俳優さんの人物像
を始め懐かしの名優画像が展示されていました。
どれを見ても写真と違った迫力を感じさせる素晴らしい画像です
その一部をここにアップします。
今この時間日置も台風7号の余波で風が強くなってきましたよ。
何もなく過ぎてほしいです。

西郷どんの三人像
s_DSC_1269.jpg

三人目の妻役:黒木 華
s_DSC_1267.jpg

篤姫役:北川景子
s_DSC_1266.jpg

主人公西郷隆盛役:鈴木亮平
s_DSC_1265.jpg

懐かしの映画:君の名は佐田啓二と岸恵子
s_DSC_1270.jpg

名俳優三人像
s_DSC_1263.jpg

時代劇映画では欠かせない名俳優:三船敏郎の画像
s_DSC_1262.jpg

今にも話しかけてきそうな名俳優:高倉健
s_DSC_168.jpg

そのほかにも沢山の名優の画像が展示されています
すべて玉利さんの手書きなので近くで見るともっと迫力が感じられます。
長年書き留めた人物画像を3回から4回に分けて展示されるそうです。
第1回30年7月2日(月)から7月31日(火)まで
場所:日吉町日置郵便局展示場(土日、祭日は休み)
連絡先:筆工房・玉利正 090-9650-1488

category: 日々

cm 0   tb --   page top

野菜の採取 

今年は早くから野菜が収穫できます、特にキューり、ミニトマト、ピーマン
キューりは一晩で大きくなるので二人家族では消化するのが大変です。

毎日採取できるキューりです、1本は愛犬の2日分
残りはもろキューでほぼ毎日晩酌のつまみ、取り立てなので甘くておいしいです。
s_DSC_1245.jpg

毎日収穫できるミニトマトキイロ、赤色違いと種類の違う
2種類ですが適量を採取しながらサラダ等でほぼ毎日食べtます。
s_DSC_1240.jpg

変形のミニトマト、少しヒョウタンに似たような形食べて見ましたが味は変わらず。
s_DSC_1243.jpg
まだピーマン、なすび、オクラ、ピーマンは思ったより出来過ぎ、
食べきれません、今年はなぜか害虫が全然来てないからでしょうね。
毎日眺めるのが楽しみです””

category: 日々

cm 0   tb --   page top

自遊人の田植え完了 

今日は久しぶりに雨が降っています、予報では大雨かも、しかし
大したふりでもなく田んぼには程よい量です。
6月17日(日)近所の応援で自遊人の田んぼも無事田植えが終わりました。
石崖の下から湧き出るだけのわずかな自然水で育つお米は孫たちのお気に入り
なので今年も頑張って育てたいと思ってます。

山の中にある自遊人の田んぼです我が家では2枚の田んぼがあります。
時代遅れの耕運機で耕して最後の仕上げと植え付けは
ご近所の応援で終了しました。これから後は水の管理と病害、イノシシ被害
昨年はイノシシの被害で100キロほど少なかったので、電機柵設置を予定
しています。自然災害は致し方ないでしょう、台風が来ないように祈るのみ
s_DSC_1250_1.jpg

category: 棚田

cm 0   tb --   page top

季節の花・紫陽花 

今年は5月26日に梅雨入りが発表されその後雨らしい雨は降っていませんが
今我が家の棚田の紫陽花畑には赤、紫、白等沢山見ごろを迎えています。
何しろすべてが今年は2週間くらい早いです。
連日この棚田には見物の方がお見えになって棚田の石崖を見て関心して帰られます。
自分達のアジサイ畑も早10年になりそれぞれが立派に育っています。

棚田の一部分です
s_DSC_1227.jpg

ほぼ満開に近い紫の中にはまだ赤い状態の花も綺麗で可愛いですね。
s_DSC_1220.jpg

紫の中に咲く赤色の若い花でだんだんと紫に変わります。
s_DSC_1235.jpg

背丈も立派に伸びた白色の紫陽花で離れたところからも良く目立ちます。
s_DSC_1223.jpg

白と言ってもウオームホワイトで柔らかさが自分はお気に入りです。
s_DSC_1225.jpg

紫陽花にも沢山お種類があるようですが名前もわからずの種類が咲いています。
s_DSC_1232.jpg

このアジサイ畑の場所は日吉町日置7823番地付近草見集落(そうみ)
県道37号毘沙門公園交差点を南に約2キロ右側里山のカフェ野の花さんがあります。
こちらでコーヒー、ケーキ等楽しみながら石崖棚田や紫陽花畑で自然を満喫してみて下さい。

◆カフェの営業時間通常 木:金 AM:10:00〜PM16:00
6月23日(土) 6月24日(日)は特別営業日時間は通常どうり。

category: 棚田

cm 0   tb --   page top

恒例のそら豆:グミの採取 

久しぶりの記事アップ。いよいよこちら鹿児島も梅雨入りが発表されました。
昨年より10日以上早いです。これから田植えのシーズンなので水も確保出来て
田植には最高、自遊人も昨日田んぼに堆肥を80袋撒きました、
今日は腰が少し痛いです、これからが大変な作業が待っていますがそれなりに
頑張って行きます。

今年も孫たちが楽しみにしているそら豆を収穫しました。
収穫量は昨年より少しマイナス、この一輪車に約30キロありました
これを4ヶ所に送り喜んでくれたので、又次回も頑張ってみます。
s_DSC_1125.jpg

3月に花を咲かせたグミもやっと色ずき今が食べ時となりました。
少し甘酸っぱいですが渋みもなくこれが自然の味でしょう。
s_DSC_1128.jpg

採取したグミ、一度にはたくさんは食べれないので少しずつ食べています。
田舎育ちの自分はこんな自然の味が好きです。
s_DSC_1215.jpg
ビワの収穫、建物の裏の空き地には手入れもしない古い
ビワの木がありますが、今年も沢山の実がなっていますので少しずつ採取しては
食後のレザートで毎日食べています。晩酌の後の口直しに。
s_DSC_1209.jpg

4月に公開したブルーベリーに沢山実が着きました
粒の大きさも日増しに大きくなって収穫を楽しみに毎日眺めています。
花が満開になってから45日くらいです。
s_DSC_1129.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

サワーポメロの花満開 

今日は久しぶりの雨、しかも大雨警報も出ていますが時折
強く降りますが今のところ大したこともなそうです。
今我が家では昨年全く花が咲かなかったサワーポメロの木
に白い花が満開。

たった1本の木ですが背丈も伸びてきました
昨年は全く花も咲かず実もなりませんでしたが
今年は見事に開花しました。
s_DSC_1077.jpg

他のみかんの花についてわかりませんが今回初めて
気が付いたらこの花は花弁が4枚、色はウオームホワイトでとても可愛い花ですね。
s_DSC_1081.jpg

こんな感じで満開近くの畑で作業していると爽やかな風が
甘い香りを運んでくれてあの爽やかな味を感じます。
実際にどれだけの収穫が出来るのかたのしみです。
s_DSC_1083_1.jpg

季節の山菜も終わりですが、今は今年も野イチゴが赤い実を
付けています、甘酸っぱい自然の味が美味しい。
s_DSC_1095.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

ブルーベリーの花満開 

4月も半分があっと言う間、今日は久しぶりの雨、昨日は26度の夏日
今日は18度少し肌寒く感じます。午後には雨も強く降る予想
畑の野菜に水やりをしなくて良いので助かります。
自分は明日15日から上京して、墓参りやゴルフの為今週は昨日までに
畑や周りの草払いに追われましたがしばらくは安心して遊べそうす。

今年はすべて異常な感じがします、通常なら5月に咲く花類が
今年はエビね、石斛を含め今が満開、
我が家のブルーベリーの花も満開です今年は昨年より花付きは
昨年より多いように感じますが着実がどうか、でも収穫を楽しみに待ちます。
s_DSC_1m67.jpg

この木はわずか2本の苗木を知人からいただいたものですが
今では新しく株も増えて背丈も高いところでは2mを超える枝も
背の低い私は収穫時には枝を引き寄せてやっとのことです花は釣鐘状の
小さな白い可愛い花、沢山のミツバチが群がっていました。
s_DSC_1069.jpg

category: 自然

cm 0   tb --   page top

山菜とスズメの巣作り 

4月も早一週間が?今日は校区の小学校が統合して初めての入学式
学校ボランティアの自遊人も朝の交通安全指導に行きました。
今日からは子供達も決められた場所からの送迎バス通学となりました。
3月3日の閉校記念日が雨、新開校入学式も雨の中でした。

今我が家の玄関周りの軒下ではスズメの巣作りが
盛んになっています。以前メジロを飼っていた時の鳥かごが
台風で壊れたその中にも盛んに草や小さな枯葉を運んでいます。
s_DSC_1001_2.jpg

この巣箱では雨や風が吹くとかわいそうなので臨時に雨よけの
処置をしました、ありあわせの板で囲いました。
s_DSC_1005.jpg

様子が変わったのでどうかと思ったのですが安心した様子で
盛んに巣作りに励んでいます。手が届くくらいのところですが、
ここなら外敵が来ないので安心の場所みたいです。
s_DSC_1047.jpg

こちらは昨年台風の時巣箱の屋根が風で飛ばされたのですが
でも今年も頑張っている用です。
s_DSC_1020.jpg

こちらは同じく昨年台風で壊れたので新しく取り換えたばかりの巣箱
一番見晴らしの良い場所で下はワンコが何時も昼寝をしながら見守っています。
s_DSC_1019.jpg

今年は色々と季節の自然の恵みが温暖でいつもより早く
収穫出来ています、先日近くの竹山で沢山の竹の子を収穫
二人では食べきれないのでおすそ分け、我が家でも竹の子の
料理で美味しく晩酌を楽しんでいます。
s_DSC_1064.jpg
わらびの収穫近くの畑の山裾で知人の家族と一緒にたくさん
収穫、これも採取の時来れなかった方達にもおすそ分け、
自然の恵みが沢山で田舎暮らしが楽しいですね。
s_DSC_1057.jpg
スズメの巣箱はこれからまだ2番子3番子が巣立ったら来春までに
新しい巣箱と取り換える予定です。どんな形がいいのかな?

category: 日々

cm 0   tb --   page top

桜の開花 

3月も半ばを過ぎて桜の開花情報が発表されています。
自分も何時も通る近くの毘沙門公園に途中まで車で登り
残り半分をワンコ(幻の薩摩犬)を連れて様子を見に行きました。
今年は雪も多かったのでまだかなと思ったのですがなんと
もう6分咲きでした。
鹿児島市の開花は観測史上2晩目に早い3月17日に標本木に
基準になる5輪が確認され発表がありました。


これが昨年4月5日の時はまだまだの感じでした
s-DSC_1231_1.jpg

今日18年3月18日現在の開花状況なので2週間近くも早いです。
s_DSC_0975_1.jpg

花も良く開き近ずくと何となく甘い香りが漂っています。
s_DSC_0980_1.jpg

毘沙門公園に上る途中の枝垂れ桜はまだ小さなつぼみが少し
膨らみかけていましたから、今の桜が散るころが満開かも?
s_DSC_0982_1.jpg

category: 日々

cm 0   tb --   page top

春の山菜・土筆(つくし) 

日々春を感じています、3日は雨の一日で、昨日はポカポカ陽気の
日曜日でした。午後近くの畑の空き地で山菜の一つ土筆を採取
前日の雨と陽気のお蔭で一気に雑草の中に顔を出していました。

雑草の中にたくさんのつくしが顔をのぞかせています
日当たりの良い場所ではすでに胞子が開いています。
s_DSC_0947.jpg

採取したつくしです、わずかな時間で沢山採取できました
沢山採取しても食べきれないのと袴取りが大変なのでほどほどにしました
s_DSC_0955.jpg

採取した土筆、1時間半かけて袴取りが終わりました
茎を折れないようにむくのは大変な作業ですね
s_DSC_0967.jpg

今回はサラダで食べました、熱湯につけて良く水分を切ってから
ノンオイルサラダ青じそ味で、シャキシャキ感とほろ苦さが何とも言えないうまさ
他にもかき揚げ、佃煮、きんぴら等色々レシピがありますがとりあえず今回はこれで
焼酎のつまみとなりました。
s_DSC_0972.jpg
土筆の別名:地獄草驚きましたでも最近花粉症対策などのにも
取り上げられているようですね。

category: 日々

cm 0   tb --   page top

もう3月・一足早い春 

あっと言う間に3月になりました、今日は新燃岳噴火のニュースが流れました。
桜島は大丈夫見たいです、昨夜の強風も大したことなく過ぎました
今日は午後から周りが霞んでなぜかおかしな感じでした。
久しぶりに棚田のアジサイ畑の様子を見て春を感じました、

昨年棚田をを楽しませてくれたアジサイが又今年も
今日見ると一気に古い枝にたくさんの新芽が顔を出し始めて
いました。
s_DSC_0837.jpg

庭の三つ葉つつじの枝の一部に薄紫色の花芽が
2月後半から暖かい日が続いたせいかいつもより早く咲きそうです。
三つ葉つつじはさしきや,接ぎ木で育てるのが難しいらしいので
大切に何時までも管理して又紫色の花を楽しみます。
s_DSC_0832.jpg

春の感じとは別ですが、今何時も静かな我が集落に今度
鉄工場が出来る為4月完成の予定で工事が進んでいます、我が家から数100メートル
工場出来ても集落の人口が増えるわけでもないのですが
車の出入りが増えるくらいかな、毎日庭から見下ろして眺めています
この現場もPM2.5なのか春霞なのか?そんな中大きなクレーンが
動いています。
s_DSC_0839.jpg

category: 自然

cm 0   tb --   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ